共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

国際学部

Faculty of International Studies

HOME

学部・短大・大学院

国際学部

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

一覧へ戻る

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

更新日:2019年01月17日

留学体験記「一生の思い出になった語学留学」

一生の思い出になった語学留学


H.M.さん(現2年生)

留学先:ダブリンシティ大学(アイルランド)

留学期間:2018年4月~2018年9月


(1)なぜダブリンシティ大学を選んだのか

 私は入学したころから漠然と留学へ行くことを考えていましたが、いざ計画を立てるとなるとどこへ行こうか迷いました。単位認定をしてもらうために提携校に行くことは両親との約束だったので、提携校の中で気になったのがカナダの大学とアイルランドのダブリンシティ大学でした。特にカナダに行ってみたいと思っていたのでカナダを検討しましたがアイルランドを選びました。決め手は費用と期間でした。私が気になっていたカナダの大学は入学の日程が決まっていて期間も決まっていたのですが、ダブリンシティ大学は月曜日ならいつでも入学可能ということと、期間も自分で選ぶことができ、延長もスムーズ行えることを魅力的に感じました。


(2)授業について

 レベルは5つに分かれていて授業は午前か午後のどちらかでした。毎週金曜日には確認テストのようなものがあり、テストの点数と授業での出来具合を見て先生がレベルアップのテストを受ける事を勧めてくれます。

 授業ではディスカッションのようなものや、英語で英語の文法を学んだり、英語のゲームをするときもありました。私自身何人かの先生に教わってきましたが、どの先生も楽しく学ばせてくださりました。                   




クラスメイトとの昼食
ピクニックの様子

        

               

(3)授業以外の活動について

 私が一番苦労したことは友達作りでした。人見知りということもあり、最初はなかなか友達ができませんでした。これではだめだと思い、勇気を振り絞って日本に興味のある学生が集まるサークルのようなものに参加しました。日本に興味のある学生の集まりなので話す内容に困ることもなく、たくさんの人と交流することができました。私はそこで仲良くなった現地の友達とよく遊んでいました。普段は放課後にみんなでピクニックをしたり、サッカーをしました。土曜日や日曜日は大学が主催している日帰り旅行のようなものに参加したり、現地の学生だからこそ知っている美味しいお店に連れて行ってもらったり、海へ行ったり寮やシェアハウスをしている友達の家でホームパーティーをしたりもしました。どれも忘れられない一生の思い出になりました。

                                             




日本に興味のある学生の集まり
友達といったコリアンレストラン

                         

教室での写真

                    

(4)今後英語をどう活かすか

 私の英語はまだ完璧とは言えません。そのためこれからもっと英語を究めるために日本に興味のある外国の方と英語で対談するカフェに通ったり、アイルランドで出会った外国の友達とSNSを通じてメッセージのやり取りやビデオ通話をして今の英語力の維持と向上に努めています。また、就職活動のために英語関係の資格には挑戦したいと思っています。将来はこの力を活かせる職業に就きたいと思っています。