共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

国際学部

Faculty of International Studies

HOME

学部・短大・大学院

国際学部

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

一覧へ戻る

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

更新日:2019年01月17日

留学体験記「カナダ留学を振り返って」

カナダ留学を振り返って


N.K.さん(現3年生)

留学先:ビクトリア大学(カナダ)

留学期間:2018年4月~2018年9月


(1)ビクトリア大学に決めたきっかけ

 私はカナダのビクトリア大学に3年生の前期を使って留学しました。高校生の頃にイギリスへ2週間語学研修をして、英語を話すのがとても楽しくもっと学びたいと思い、大学で長期留学をしたいと思っていました。また、将来英語を使った仕事をしたいと考えているため、カナダ留学を決意しました。カナダを選んだ理由は、他の国に比べると留学費用が安く、安全と言われているからです。またビクトリア大学を選んだ理由は、知人が以前ビクトリア大学に留学していて、日本人も少なく、とても勉強しやすい環境であったと聞いていたからです。



(2)留学先での語学授業

 ビクトリア大学の英語のプログラムはレベル別に分かれており、私は真ん中のレベルからスタートしました。人前で発言するのが苦手な私は、最初の頃は言いたいことが全く言えずにいました。周りとのレベルの差に毎日悔しい思いをしていました。しかし半年しかない留学生活を無駄にしたくないと思い、積極的に先生やクラスメートに質問をしたり、放課後に地域のボランティアの方々と毎日1時間以上は話すように心がけました。そのおかげで言いたいことがスムーズに言えたり、人前で発言することに抵抗がなくなりました。また次のタームでは、一つ上のレベルに進むことができました。授業ではディスカッションやディベート、プレゼンテーションなどをしました。日本ではあまり経験のない授業内容に苦しみましたが、クラスメートと互いに協力しあい乗り越えることができました。


                              クラスメート



(3)授業以外の思い出

 授業以外にも充実した生活を送ることができました。放課後や休みの日は友達とビクトリアを観光したりパブに行ったりしました。また大学内でピクニックをしたり近くのビーチに行きました。ビクトリアは自然豊かで綺麗なところがとても多く、日本ではあまり味わえないのんびりとした生活を送ることができました。また、ターム休みでバンクーバーやシアトル、帰国前にはトロントやモントリオール、バンフへ一人で旅行しました。はじめての一人旅で不安だらけでしたが、現地の人に道を聞いたりゲストハウスで友だちができたりと多くの経験ができた旅行でした。



                              Canada day



                         旅行で行ったアルバータ州バンフ



 そして何より一番の思い出は、ホストファミリーと過ごした時間です。本当の家族のように私のことを受け入れてくれて、優しくして接してくれたホストファミリーのおかげで充実した生活を送ることができました。一緒に料理をしたり、プールに行ったり、毎週金曜日の夜は一緒に映画を見ました。今でもホストシスターとは頻繁に連絡を取り合っています。


                          本当の妹のようなホストシスター


(4)今後どのように活かしていくか

 この留学を通して語学の向上だけでなく沢山の人に出会い様々な文化、価値観を知ることができました。そして自分の考え方や視野を拡げることができました。留学の目標であった英語を使った仕事をする目標を実現させるため、この留学で吸収したことを活かして行きたいです。