HOME

学部・短大・大学院/教育

文芸学部

取り組み・プロジェクト紹介

一覧へ戻る

文芸学部取り組み・プロジェクト紹介

更新日:2019年06月11日

劇芸術コース

【文芸学部】劇芸術コースで「2019年度 前期合同観劇会」を実施しました。

劇芸術コースでは、前期・後期に1回ずつ「合同観劇会」という、コース生・教職員全員参加で観劇の機会を設けています。

2019年度前期の合同観劇会では、TBS赤坂ACTシアターで上演された『海辺のカフカ』(原作・村上春樹、演出・蜷川幸雄)を観劇しました。2012年より上演を重ねる今作ですが、昨年フランスでの上演を成功させ、この度満を持しての日本公演となりました。

今作の一番の見所は、舞台上に点在する透明なケースです。各場面や登場人物がケースの中に収められており、それらを移動させながら場面転換を行います。ケースが照明に照らされキラキラと輝く様はとても幻想的で、原作の美しい世界観を損わず「蜷川演出らしさ」がしっかりと残った、どちらの作家性も感じられる舞台化作品となっていました。

次回の合同観劇会は冬に実施予定です。チケットの残数次第でコース生でなくても参加が出来ますので、興味のある方は劇芸術コース助手まで気軽にお尋ねください。



関連記事

「2018年度 後期合同観劇会」



文芸学部 劇芸術コースの情報はこちらから

文芸学部のホームページはこちらから