HOME

キャンパスライフ

ニュース詳細

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2020年02月08日

展示・講演会

「朝日教育会議2019 共立女子大学フォーラム」を開催しました。

 2020年1月26日(日)13時より、本学共立講堂を会場として「朝日教育会議2019 共立女子大学フォーラム」を開催しました。

 昨年2019年10月13日(日)に開催を予定しながら、台風の影響により延期となっていた企画でしたが、関係各所のご協力・ご尽力を賜り、おかげさまで当初の予定通りのテーマ・登壇者で、無事開催の運びとなりました。


 今回のテーマは「自分らしく生きる ~新しいリーダーシップを求めて」と設定し、株式会社サイバーエージェントの藤田 晋 社長および同社の執行役員・採用戦略本部長を務める石田裕子氏をお迎えし、フォーラムを開催しました。


 第一部では基調講演として藤田社長に「インターネット時代に必要とされるリーダーシップ」と題したご講演をいただきました。


 


 第二部では、その内容を踏まえ、藤田氏・石田氏に、本学ビジネス学部の学部長である植田和男教授および岩城奈津専任講師が加わり、朝日新聞社 編集委員の 原 真人氏をコーディネーターとして、「AI時代を生き抜くリーダーシップ」と題したパネルディスカッションを行いました。


 


 人材を活かし、女性も男性もすべての社員が豊かな働き方を目指すサイバーエージェント社の取り組みと「サーバント・リーダーシップ」の考え方を大切にする藤田社長の経営方針には、本学が目指すリーダーシップ教育と相通じる点が多く、活発な議論が交わされました。

 社会での女性の活躍にかつてないほど期待がかかる現代と将来において、AIやロボット等には代替できない仕事がこれからも次々に創出され、人々にはその状況に対応できる知識とスキルが求められていくことでしょう。


 本学では、「しっかりと身につけたビジネスの専門知識」と「自ら率先して動き他者を支援する中からチームとしての成果を導く誰もが発揮できるリーダーシップ」を両輪として「実践と振り返り」を繰り返し、ビジネスのあらゆるシーンで活躍できる女性を育成するためのカリキュラムをビジネス学部で導入しています。


 藤田社長・石田執行役員との議論を通して、「女性の自立と自活」を建学の精神とする本学がいまビジネス学部でリーダーシップ教育を推進することは、本当の意味で本学の創立者たちの想いと現代の社会のニーズに応え女性の活躍の場を広げていくことに繋がっているのだと強く実感できるフォーラムとなりました。

 ご来聴いただいた皆様、開催にあたりご協力・ご尽力をいただいた皆様に、心より御礼申し上げます。



共立女子大学は「朝日教育会議2019」に参画します!(ニュース記事)

共立女子大学ビジネス学部の特設サイトはこちらから