HOME

国際交流・留学

ニュース詳細

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2020年07月09日

留学・海外研修

2020年度 夏季海外研修中止および長期留学の実施、海外への渡航についてのお知らせ

学生の皆さんへ

 

                              共立女子大学 共立女子短期大学

                              学長 川久保 清 

                              共立女子大学・共立女子短期大学

                              国際交流委員会 委員長 佐藤 雄一

 

2020年度 夏季海外研修中止および長期留学の実施、海外への渡航についてご説明とお願い

 

 2020年度海外研修および2020年度の長期留学について、ご存知の通り新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、

例年通りの実施が困難になっています。本学では、各国への渡航規制や現地の入国制限等の状況を鑑み、2020年度夏季海外研修および

2020年度後期からの長期留学の実施について、慎重に検討を重ね協議を行って参りました。その結果、苦渋の決断ではございますが、

2020年度の夏季海外研修の中止、および長期留学については下記のとおり判断基準等を設けた実施とすることを決定いたしました。

今後の感染症拡大の収束が予想できないこと、学生の皆さんの安全と健康を第一に考慮し、感染拡大防止という社会的要請にも

応えるため、皆さまのご理解をお願い申し上げます。

 

                         記

1.2020年度 海外研修

(1)夏季海外研修

  新型コロナウイルス感染症の拡大や外務省海外危険情報レベル3の発出、国境封鎖や入国出国制限等の

 各国の対応処置、フライト減便の影響を踏まえ中止といたします。

 

(2)春季海外研修

  実施の不可につきましては2020年7月現在未定です。今後実施を想定した上で慎重に検討を行い、政府や

 東京都の措置を踏まえ2020年10月頃を目途に実施の判断を予定しております。

 

2.2020年度後期からの長期留学について対象:留学規程による留学【交換留学・派遣留学・一般留学】

(1)留学の開始時期

  政府の外出自粛の段階的緩和を目安とし、移行期間後感染の状況をみつつ8月1日を目途とする。

 

(2)政府の海外渡航に関する情報

   海外危険レベル1(十分注意してください)以下の地域であること

  但し、レベルが引き上げられた場合に、いつでも帰国できる様に予め注意し備えることが必要です。

 

(3)帰国勧告レベルの引き下げ

  外務省海外危険情報 レベル3 ⇒ 2 (準備期間を考慮し引き下げ)

帰国勧告が出た場合、直ちに現地大学および滞在先の手続きを各自行い、フライトの手配が済み次第、

速やかに帰国を行ってください。

 

(4)承諾書の提出

   海外への渡航前に海外渡航前に承諾書の提出が必要です。(海外渡航1ヵ月前まで)

   渡航後の滞在状況の確認の為、留学制度に関わらず規程留学による留学を行う場合は、月1回の

   国際交流担当への報告が義務づけられます。

 

3.海外への渡航について対象:海外研究旅行、学部学科実施プログラム、休学による留学等

(1)海外渡航する場合の渡航届の依頼と連絡

 本学では、従来どおり海外へ渡航する場合に「渡航届」の提出が必要です。

 ※渡航情報配信サービス「たびレジ」の登録や、渡航前の外務省「海外安全ホームページ」の海外

  渡航情報を渡航前に必ずご確認ください。    学生課:gakusei@kyoritsu-wu.ac.jp

 

4.お問合せ先

(1)単位認定、履修登録について

   留学の単位認定、個別の単位認定や履修登録、共立の授業料に関するお問合せや相談は、教務課

   までお問い合わせください。

                       教務課:03-3237-2798 kyomu@kyoritsu-wu.ac.jp

 

(2)留学先の検討、各種留学プログラムの実施、留学中の連絡について

   今後、留学を検討される場合や渡航中のご相談は、学生課国際交流担当(国際交流室)までご相談

ください。現在、オンラインによる留学情報の発信や各種募集説明会を開催しており、今後も留学に

関わる情報や危機管理に関するセミナーの開催等を予定しておりますのでご利用ください。

                       学生課国際交流担当: koryu@kyoritsu-wu.ac.jp

   

   本学といたしましては、このような状況の中で何ができるか最善を尽くし誠意をもって、

  学生の皆さんが充実した学生生活を送ることができるよう対応して参ります。 

                                                  以上