東京の真ん中で、ビジネスを。

ビジネスの最前線を、ビジネスの本場で学ぶ。
ビジネス学部(仮称)、誕生。

女性のキャリアを、
次の時代へ。

社会のあらゆる分野において、
女性のリーダーシップが強く求められています。
グローバル化、働き方改革、ダイバーシティ&インクルージョン…
必要なのは、しっかりとした知識と技能を土台として自分の意見を持ち、
多様な人々とチームを組んで、
一つひとつの問題の本質をとらえ、課題を解決するための思考力や行動力です。
新しい社会を切り拓く女性を、一人でも多く育てる。
それが、2020年4月に開設を目指す「ビジネス学部(仮称)」です。
経営、マーケティング、経済、会計に加え、情報・統計、英語などの
知識と「リーダーシップ開発プログラム」を融合させた、
女子大初となる仕組みによって、リーダーシップを身につけます。
幅広いフィールドで活躍するために、
ビジネスを身近に体感できる都心のキャンパスを舞台に、
実務経験のある講師による授業も展開します。
変化し続ける社会の中で、
リーダーシップを発揮できる女性の育成をめざします。

東京の真ん中で、ビジネスを。
共立女子大学
ビジネス学部(仮称)

※2020年4月開設予定(設置構想中)
名称・内容などは予定につき、変更する場合があります。

ビジネス学部(仮称)概要

基本情報

  • 開設時期 2020年4月
  • 入学定員 150名
  • 収容定員 600名
  • 設置場所 神田一ツ橋キャンパス(東京都千代田区一ツ橋2-2-1)

カリキュラムの特長

「経営・マネジメント」、「マーケティング」、「経済」、「簿記・会計」の主要4分野に加え、「法律」、「情報・統計」、「英語」を適切に組み込みつつ、ビジネスのあらゆる場面において求められるリーダーシップを身につけるために『ビジネス・リーダーシップ・プログラム』を配置します。

ビジネスのあらゆる場面に求められるリーダーシップとは

権限やカリスマ性によらず、組織の目標達成・チームの成果の最大化のために、他者とコミュニケーションをとりながら主体的に行動したり、周囲を巻き込んで協働することです。

権限や役職に関係ないリーダーシップが必要な理由

従来は、経営者や管理職が持つ権限やカリスマ性を有した人だけが発揮するものと認識されていました。しかし、社会が急激に変化する現代では、複雑な課題を解決することや、イノベーションを起こすことは、経営者等がリーダーシップを発揮しただけでは限界があります。そのため、権限や役職に関係なく、目標を達成するために、全員がリーダーシップを発揮することが強く求められるようになりました。

ビジネス学部の学生の強み

ビジネスに必要な総合的な学問分野の修得リーダーシップの発揮「両輪」を適切に回すことにより、ビジネスの世界で求められる学生へと成長します。ビジネス社会との接点を持てるカリキュラムを編成することで、学生は、卒業時に自信をもって社会へと羽ばたいていきます。

オープンキャンパス情報

開催時間10:00~15:00(共通) 会場神田一ツ橋キャンパス 本館 講義室

データで紐解く、女性をとりまくビジネス環境「キャリア・ガイダンス」アーカイブ

「キャリア・ガイダンス」誌 WOMAN×CAREERへ
掲載した記事(年間5回発行予定)をご覧いただけます。