共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

国際学部

Faculty of International Studies

HOME

学部・短大・大学院

国際学部

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

一覧へ戻る

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

更新日:2017年10月11日

【国際学部】リレー・エッセイ(17)寺地功次「フルブライト招聘講師プログラムと国際学部の歴史」

フルブライト招聘講師プログラムと国際学部の歴史

寺地功次


 フルブライト・プログラム(Fulbright Program)は、第二次世界大戦後にアメリカ合衆国によって始められた国際的な学術・文化交流プログラムです。これまで世界各国の多くの大学院生、研究者、ジャーナリストなどが米国の大学で研究する機会を与えられ、多くのアメリカ人も他国の大学で研究に従事してきました。フルブライト・プログラムのひとつには、アメリカの現役の大学教員が、半年間か1年間、他国の大学でアメリカ研究に関する講義を行うというフルブライト招聘講師プログラムがあります。フルブライト招聘講師は日本の大学でも毎年数校にしか派遣されませんが、国際学部はその前身の国際文化学部の時代の1994年から、ほぼ毎年のようにフルブライト招聘講師の受け入れを行っています。授業は当然英語で行われますが、アメリカの大学で行われているような生の授業を国際学部でも受けられることはたいへんな魅力です。


 以下は、これまで国際文化学部・国際学部で受け入れたフルブライト招聘講師のリストです。

招聘講師

所属

兼任校

1994-1995

Gene Bluestein

California State University, Fresno


1995-1996

Herman W. Smith

The University of Missouri, St. Louis

日本女子大学
1997-1998

Richard A. Colignon

Saint Louis University

東京大学
1998-1999

Marc Gallicchio

Villanova University

東京大学
2000-2001

Teresa Meade

Union College

津田塾大学
2001-2002

Michael Washington

Northern Kentucky University

東京女子大学
2002

John Howard

King’s College


2002-2003

Anne Swartz

The Savannah College of Art and Design

津田塾大学
2003-2004

Peter Rutland

Wesleyan University

上智大学
2004-2005

William Cohen

Hope College

横浜国立大学
2007

Russell B. Olwell

Eastern Michigan University

なし
2007-2008

Karen Shimakawa

New York University

東京大学
2009

Susan Mason

California State University, Los Angeles

津田塾大学
2009-2010

Bertram Coleman

The University of Colorado, Boulder

早稲田大学
2010-2011

Sidney Pash

Fayetteville State University

東京大学
2012

Eileen Johnson

Oakland University

なし
2012-2013

Ann Larabee

Michigan State University

日本女子大学
2013-2014

Seth Feinberg

Western Washington University

津田塾大学
2014-2015

Lindsay Custer

Seattle Community College

日本女子大学
2015-2016

Matthew F. Filner

Metropolitan State University

横浜市立大学
2017

Steven K. Wisensale

The University of Connecticut

横浜市立大学


国際学部のホームページはこちらから