共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

国際学部

Faculty of International Studies

HOME

学部・短大・大学院

国際学部

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

一覧へ戻る

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

更新日:2017年08月25日

留学体験記「自分を成長させてくれた留学」

自分を成長させてくれた留学


A.K.さん(現3年生)

留学先:ダブリンシティー大学(アイルランド共和国)

留学期間:2016年9月~2017年3月


 私は高校時代にオーストラリアに行ったことがきっかけで海外に興味を持ち、そこから留学してみたいなという気持ちが芽生えました。また日本はどんな国なのだろうかと、外から客観的に自分の目で見てみたかったというのもありました。留学の準備としては、一度行ったオーストラリアかそこに近いニュージーランドに行きたかったので、大学で交換留学生として募集しているか調べました。しかしそういうのはなく、自分で探して見つけたとしても、単位の振替手続きが面倒だと知ったので、次に行きたかったヨーロッパの国で探しました。そこでアイルランドにある大学付属の語学学校を見つけ、そこだと単位の振り替えは容易ということだったので、そこへ留学することにしました。期間は7、8か月程ですが、両親には4年間で卒業することが条件で認めてもらったので、4年次が始まる前までに帰国しなければなりませんでした。そのため、できれば1年間留学したかったのですが、半期余りの留学になりました。


 語学授業はリスニングやスピーキングなどをやるジェネラルクラスと、IELTS対策を行う授業、二つを取りました。初めはジェネラルクラスのみでした。しかし学校に入学しコースの最終確認をした際、アイルランドで一定期間留学する場合はIELTSを受験しなければならないという日本とアイルランドの規定があることを知り、IELTS対策の授業も受けることになりました。


 英語の力がかなり低いまま留学してしまったため、ジェネラルクラスでさえ初めはきつかったのですが、レベルの高いIELTS対策の授業のほうがさらに大変でした。IELTSの授業が始まると精神的にも辛く、胃がキリキリと痛む日々が続きました。内容はとても難しく、リスニング、スピーキング、ライティング、リーディングどれも高度な問題ばかりで毎日の宿題や復習をこなすのに必死でした。当時、語学力は伸びている気がしませんでしたが、残り2か月ジェネラルクラスに戻ると自分の伸びを感じました。


 そうしたなか、ジェネラルクラスは次第に難しく感じることはなくなりました。こちらの授業で特に印象に残ったことは、食べ物をテーマとした授業をした際それぞれの国の食べ物を紹介しながらみんなでフードパーティーをしたことです。メキシコの男の子が手作りのタコスを全員の分を作ってきてくれて、それを食べた時の美味しさは今でも覚えています。毎週新しい人が加わったこともあり、いつも同じメンバーではないことが刺激的であり、また交友関係も広く築くことができました。


 授業以外は、クラスメートと語学学校が主催するイベントにできる限り出かけ英語を話す環境を作りました。とくに初めのうちは拙い英語なため、うまく通じないこともあったりして苦労しましたが、失敗しても頑張って喋り続けることでコミュニケーションが少しずつとれるようになり、楽しい時間を過ごしました。また4か月間、シェアルームをスペイン人の女の子としたことで、互いの国のことを話し合ったり、とりとめのない話をしたことも良い思い出になりました。陽気でフレンドリーなスペイン人の友達を作っていくにつれ、スペインの言葉や文化を知りたくなりました。スペインに限らず、他の国々の友達を作っていくなかでその国のことに興味がわき、簡単な挨拶などのフレーズを覚えました。また帰国してからもそれらの国について調べるようになりました。


 留学後はこの語学力を維持するために、オンライン英会話で毎日30分話し英語にふれるようにしています。自分の都合がいい時間に毎日格安でネイティブの人と喋れることができるからです。他にも英字新聞をアプリなどで読むことで、常に外国の政治や経済状況を気に掛けるようになりました。


 私は留学によって語学力を高めることができましたが、それとともに自信を持ってあらゆることに挑戦するようになったり、忍耐力や行動力を培うことができるようになったと思います。今までは周囲の目を気にしながら行動したり、物事に対し少し消極的な気持ちを持つことが多かったです。しかし留学中にこうした自分の弱点に気が付き、徐々に内面的にも成長できたと思います。日本でも楽しいことや辛いことにたくさん経験すると思います。しかし、留学という環境の中で経験することは日本にいたら絶対できないものだと思いました。その貴重な経験を学生時代にできたことはよかったし、自分にとって糧になるものを得ることができたと強く思います。これからも留学中に様々な困難を乗り越え成長できた自分に自信を持って、何事にも挑戦していきたいと思います。



国際学部のホームページはこちらから