共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

国際学部

Faculty of International Studies

HOME

学部・短大・大学院

国際学部

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

一覧へ戻る

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

更新日:2017年08月01日

留学体験記「多くの出会いが、私を変えてくれました」

多くの出会いが、私を変えてくれました


A.N.さん(現3年生)

留学先:ウィニペグ大学(カナダ)

留学期間:2016年4月~2017年3月


 私はカナダのウィニペグに1年間留学に行っていました。そもそも留学しようと思ったきっかけは中学生時代から長期留学することが夢であったことと将来英語を使って働きたい気持ちがあり、現地の生活を送りながら生の英語の環境で英語を勉強したいと思ったからです。元々は高校時代に修学旅行で訪れたイギリスに留学するのが目標でしたが、選考基準が少々厳しいことや、行ったことのないところに行ってみたいという思いからカナダを選びました。大学に入学してすぐに留学の説明会に参加し、5月頃からTOEICを毎月受けて秋の選考に望み、大学二年生になる直前の2月の終わりから1年間留学することになりました。


 留学中の1年間は毎日刺激的で、1日1日が全てとても良い経験であり思い出になりました。留学先の語学学校では、4ターム中3タームをスピーキングとリスニング重視のクラスで過ごし、毎日ディスカッションやプレゼンテーション、リスニングトレーニングをしていました。またペンパルレターを同じ語学学校のショートプログラムの学生と行い、フレンチカナディアンの友人や韓国人の友人と日本でいう文通を英語でしたこともとても良い経験でした。1ターム受講したリーディング・ライティング重視のクラスでは、1年間で一番大変且つ一番勉強した三ヶ月を過ごしました。毎日沢山の宿題や予習、課題を放課後まで残ってこなし、週末も大学に来て宿題をしていました。また毎週金曜日の午後には、アクティビティというカナダの文化やウィニペグの観光地に行って様々なことを体験できるプログラムがあり、クラスの友達と参加して一面凍った川の上でスケートをしたり、先住民のお祭りに参加したりしました。


 カナダ留学での一番の思い出はなんと言っても人との出会いでした。語学学校では沢山の他国の友人を得ました。留学したての頃は英語を話すのもままならず、悔しい思いも沢山しましたが、いつもクラスメイトが助けてくれたお陰で乗り越えていけることができたし、他国の留学生のミスを恐れず自分の伝えたいことを積極的に英語で話す姿は、誤りのない英語を話さなければならないという思い込みから、自分の思いを相手に伝えようとすることが何より大事である、という考え方に変えてくれました。そのおかげで、留学中途中から来る他の留学生に、「英語がすごい喋れるね」と言われたり、語学学校の先生にも帰国する前に「本当に変わったね」と言われるまでになることができました。


 そしてなにより、1年間一緒にすごしたホストファミリーは、私の第2の家族になりました。私のホストファミリーはホストマザー、ファザー、7歳のホストブラザーとペットだったのですが、1年間ホストファミリーを変えることのない、とても良い家族でした。国は違っても、ホストファミリーが私のことを娘として扱ってくれただけでなく、ホストファザーのお父さんお母さんも孫としてとても可愛がってくれました。また、1年間で計6人のホームメイトにも巡りあい、特に最後の三ヶ月一緒に過ごした韓国人ホームメイトとは今でも毎日連絡をとったり、週末にはテレビ電話をしたりする、本当のお姉さんのような存在になれました。ホストファミリーやホームメイト、現地で出来た多くの友人とは今でもよく連絡をするほどで、そうしたまわりの人々に恵まれ、自分の留学生活がとても豊かなものになったと思うので、彼らと出会えたことにとても感謝しています。また留学する前にお手伝いをして下さった先生方や、留学する前から留学中もより支えてくれた日本の家族や友人にも感謝しきれません。必ず恩を返せる人にならなきゃいけないと思うし、これからも感謝の気持ちを忘れずにいたいです。


 1年間の留学生活は本当に多くの変化を与えてくれたと思います。英語力が向上しただけでなく、もっと英語を頑張りたいというモチベーションが高まり、もっと世界のことを知りたい、もっと世界中のさまざまな人々に会いたいという気持ちになりました。留学から帰国した今は週2回英会話に通ったり、TOEICの勉強に取り組んでいます。また英語圏やアメリカ系のゼミに所属し、カナダやアメリカの多様性や移民などを個人的なテーマとして調べています。留学を通して、将来英語を使って働きたいという気持ちがいっそう強まったので、これからも英語を勉強しつつ、何事にも一生懸命に夢に向かって努力を続けていきたいと思います。


  


  



国際学部のホームページはこちらから