共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

国際学部

Faculty of International Studies

HOME

学部・短大・大学院

国際学部

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

一覧へ戻る

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

更新日:2019年02月04日

【国際学部】学生広報委員による取材記事(12)「スリランカ・フェスティバル」

以下の記事は、夏休みに行われた取材をもとに執筆されたものですが、修正や確認に手間取り、掲載が大幅に遅れてしまいました。関係者の皆様にはお詫び申し上げます。


鶴見 紗也 鈴木 梨央奈 (3年)


 今回私達は、代々木公園で行われたスリランカ・フェスティバルに参加し、スリランカについてや、スリランカ・フェスティバルが開かれることになる理由などについて支配人の方に取材してきました。



1.スリランカ・フェスティバルとは


 本場のスリランカ料理を味わえるフードブースや、アーユルヴェーダマッサージを体験できるブース、雑貨やセイロン紅茶の物販ブースなど、スリランカの食と文化に触れられる、盛りだくさんの内容となっているフェスティバルです。日本にいながら実際にスリランカに行ったような雰囲気を味わえる、毎年人気のイベントです。



2.スリランカ・フェスティバルの支配人の方とのインタビュー


 フェスティバルの支配人の方のご厚意で、インタビューさせていただくことができました。以下がそのQ&Aです。


1、このフェスティバルはいつからやっていますか?

― 今年で14年目になります。


2、このフェスティバルの目的はなんですか?

― スリランカのことをよく知らない日本の人々にスリランカのことを少しでも知ってもらいたいからです。

  スリランカで学校に行けない子供達のために、ここでのお金を寄付しています。


3、このフェスティバルのオススメのお店は?

― どれもみなスリランカの重要な文化や歴史を物語っているため、全てのお店がおススメです。


私たちは、その中でも特にスリランカの食文化などを知ることができそうだと思ったお店でスリランカ料理を頂いてきました。


4、スリランカはどんな国ですか?

― 年中気候的に暖かい国です。


人々の心も暖かくて、優しい人が多いそうです。


5、いつから日本にいられるのですか?

― 8年前にスリランカからやってきました。


スリランカの文化を日本の人に知ってもらいたいと思い、日本に来られたそうです。


6、日本についてどう思いますか?

― 日本は他の国と違って、他国の文化や歴史的背景などを受け入れてくれる国だと思います。他の国でこんなに大きなスリランカのフェスティバルをやろうと思っても、そう簡単にこんなすばらしいものはできません。



3.実際にスリランカの料理を食べてみた!


 支配人の方に取材した中で、スリランカ・フェスティバルに出店してるお店の中でオススメのお店を聞いてみましたが、全てのお店が本当に素晴らしく、フェスティバルになくてはならないと話していらしたので、私達なりにお店を見て回ってスリランカの料理を実際に食べてきました!



  

 私達が行ってみたお店は、沢山のスリランカ料理があるお店でした!

 その中でもスリランカ料理としてとても有名なものを食べてみました!




チキンビリヤーニ




ココナッツジュースとブルーベリーラッシー



4.まとめ


 原宿駅を下りて五分ほど歩いたところにある代々木公園で、スリランカの雰囲気を直に感じられるフェスティバルが開かれているとは、今まで知りませんでした。このフェスティバルに行ったことで、スリランカのことがよく分かり東京にいながら、スリランカに行った気分になれるようなお店が沢山あることに驚きました。支配人の方に話を聞いて、スリランカの人は本当に温かい人が多いように感じました。この機会を通じて、スリランカについてすごく興味を持ったのでぜひ、学生のうちに行ってみたいと思っています。