共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[食物栄養学科] 家政学部[食物栄養学科]

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2017年05月08日

その他

【食物栄養学科・管理栄養士専攻】卒業生の会である「共立女子大学管理栄養士ネットワークの会(KKN)」が定期講演会を行いました。(4月22日)

【食物栄養学科・管理栄養士専攻】卒業生の会である「共立女子大学管理栄養士ネットワークの会(KKN)」が定期講演会を行いました。(422日)


 KKNは、管理栄養士専攻の卒業生同士が親睦を深めながら資質の向上を図るために、平成13年3月に発足しました。違った年代、違った職域の人たちと一緒に講演会やディスカッションに参加する中で、新しい情報や仕事のヒントを得ています。例年、春に総会と講演会、秋に卒業生大会を開催しております。講演会では講師をお招きし、卒業生大会では各領域でご活躍なさっている同窓生の方々から、その時のテーマに沿って情報提供をしていただき、その後、情報交換会を行っています。

 今回の講演会は、本学家政学部食物栄養学科・食品衛生学研究室 准教授の伊藤裕才先生に「食の安全、気にすべきもの、気にしなくてもよいもの」というテーマでご講演いただきました。前半は最新の食中毒統計をもとに、現在我々がどのような食中毒の危険に晒されているのか、そしてそれらを未然に防ぐにはどうすべきなのかについて話されました。後半は誰もが気にする食品添加物について、安全性は厳密に審査されていること、また許容量に対して極微量しか使用されないこと、そして食中毒を未然に防ぐために活躍することなどについて講演されました。現在、管理栄養士として指導的な立場で活躍している卒業生からも、現場の状況や改善すべき点などが上げられ、時間ぎりぎりまで活発な議論がなされました。

 講演会後に開催された懇親会においても、引き続き、活発な質疑応答と意見交換がなされ、参加者の方々から好評を博しておりました。



家政学部 食物栄養学科のホームページはこちらから

家政学部のホームページはこちらから