共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[児童学科] 家政学部[児童学科]

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2019年01月12日

授業紹介

【家政学部 児童学科】授業紹介「保育の表現技術」2

 「保育の表現技術」は、子どもと表現活動を楽しむために必要なことは何か、体験的に学び考える授業です。後期は、子どもとダンスを楽しむための指導のありかた、色々な鬼ごっこを知り子どもに応じた遊びへの展開の仕方、子どもが作りたくなるような壁面製作を行いました。それぞれグループに分かれ、子どもが主体的にダンスや鬼ごっこ、製作にかかわるためにはどのような環境の構成、援助、工夫があるのか考えて出し合い試行錯誤しながら授業を進め、皆の前で発表しました。ダンスや鬼ごっこでは、保育者や子ども役になることで、指導の仕方や伝えることの難しさ、思い切り身体を動かして表現することの楽しさを体験しました。また、製作では、普段捨ててしまうような廃材や身近にある様々な素材を使って何ができるかアイディアを出し合い、事前準備や教材研究の方法について考えました。

 表現活動を楽しむことは子どもが成長する上でとても重要な経験です。子どもがおもしろい、やってみたいと思えるような活動を一緒に考え、楽しみ、必要な時には支えられるよう学びたいと思います。


 

 

 

 

   

 

家政学部 児童学科のホームページはこちらから

家政学部のホームページはこちらから