ニュース一覧へ戻る

文芸学部ニュース詳細

更新日:2023年10月26日

発行物

【文芸学部】文化専修 片山耕二郎 専任講師の翻訳書 ルートヴィヒ・ティーク『フランツ・シュテルンバルトの遍歴』(国書刊行会)が刊行されました。

 

 書名:『フランツ・シュテルンバルトの遍歴』

 

 著者名:ルートヴィヒ・ティーク

 

 訳者名:片山耕二郎

 

 出版社:国書刊行会

 

 ISBN:978-4-336-07473-7

 

 国書刊行会の『フランツ・シュテルンバルトの遍歴』紹介ページはこちらから

 

 https://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336074737/

 

 本書は、生誕250周年を迎えるドイツ・ロマン主義の作家ティークが1798年に

 出版した代表作。同じロマン派の作家E.T.A.ホフマンや画家ルンゲらに大きな影響を与えた

 歴史的古典であり、本邦初訳となる。(…)

 芸術家としての自意識を持つ主人公が様々な出来事を経験し、

 その職業についての考えを深めるという「芸術家小説」の”元祖”であり、

 芸術観や芸術家像などをめぐり、あらゆる時代の芸術家志望の若者の心を打つ。

(国書刊行会 ホームページ紹介文より)

 

  200年以上前にドイツで書かれた小説ですが、現代の若者でも共感しやすい、芸術と芸術家についての物語です。

  ぜひ20代のうちにお読みください。

(訳者より)