共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

進路

OGファイル

Vol.25 甘利清香 33回生

Vol.25 甘利清香 33回生

1.今の自分(自己紹介・職業紹介)

日本航空で客室乗務員として働いております。主に国際線に乗務し、保安業務、お食事やお飲物のサービス、免税品の販売、入国に必要な書類のご案内など様々な業務を行っております。また、本年度からはファーストクラスやビジネスクラスなど各クラスの責任者として働いています。路線特徴に合わせたサービス方針や人員配置を考え、お客さまに快適にお過ごし頂けるよう、他の乗務員と協力して乗務しています。
安全で快適なフライトをお客さまへお届けするためには、地上係員や整備士、運航乗務員、客室乗務員など多くの社員のチームワークが欠かせません。相互理解を深めるために、年に数回様々な部署の社員が集まり意見交換をし合う取り組みも行われています。仲間が大切に繋いできたバトンを受け取り、お客さまお一人おひとりに合わせたサービスを提供していく客室乗務員という仕事にやりがいを感じています。

2.共立女子第二中高時代の感想、思い出、学校の良さや受験生に伝えたいこと

中学生時代はサッカー部、高校生時代はテニス部や生徒会活動に力を入れていました。設備の整った恵まれた環境で部活動をする事ができ、好きなスポーツを思う存分楽しむ事が出来ました。暑さや寒さに負けず仲間とボールを追いかけ走り回った日々は、辛く感じる事もありましたが今では良い思い出です。
また、学校行事についても強く思い出に残っています。学年を越えて先輩後輩が協力する体育大会のダンスや、お昼休みや放課後にクラス全員で練習に打ち込んだ合唱コンクール、白亜祭での模擬店運営など、年間を通しクラスが一致団結出来る行事がたくさんありました。当時の写真を見返すと、仲間同士で切磋琢磨し問題・課題を乗り越えた事、力を尽くした後の達成感など良い思い出が鮮明に蘇ってきます。立てた目標に向かって全力で取り組み、失敗しても諦めずに最後までやり切ったという経験は私にとって自信となり、『先ずはやってみよう』という前向きな考え方に繋がっています。
共立で過ごした6年間は、笑顔があふれ、互いの悩みや夢を語り合い、一生懸命に勉強や部活動、学校行事に取り組んだ充実した日々でした。卒業して10年以上経つ今でも親友とは定期的に会い、仕事やプライベートの事などアドバイスしあっています。自身の事のように喜び、心配し、本音で語り合える大切な存在です。

3.受験生へのメッセージ

どの様な事にも果敢に挑戦し、経験をしてみて下さい。中学・高校の6年間で得た経験は、物事の考え方や捉え方、将来の夢に影響するなど、自身にとって宝物となります。私も中学2年生の時に学校で客室乗務員という仕事について話をしてくれた先輩に感銘を受け現在の仕事を目指しました。先生や友人、先輩、後輩など多くの方との出会いを大切にして下さい。会話をし、考え方を共有し、良い所を見つけ取り入れる事で厚みのある学生生活、人生が送れると思います。

4.この学校の良さを、ひと言で表現すると…

成長を優しい眼差しで見守り、挑戦を後押ししてくれる先生がたくさんいます。

5.プロフィール

2005年3月 共立女子第二高等学校 卒業
2005年4月 法政大学経済学部経済学科 入学
2009年3月 法政大学経済学部経済学科 卒業
2009年4月 日本航空株式会社 入社