HOME

高校入試

給付奨学金制度

給付奨学金制度

「共立女子第二高等学校給付奨学金制度」の規定に基づき、学業成績およびスポーツ、芸術等に優れた生徒を選考の上、奨学金を給付します。
2020年度入試に向けて、よりチャレンジしやすくリニューアルしました。

高校入試における給付奨学生選考

1)一般入試の合計点得点率(3科合計点) により、S奨学生、A奨学生、B奨学生を選考します。
2)中学3年の1,2学期総合の成績により、S奨学生、A奨学生を選考します。

内容 1)一般入試合計得点(300点満点) 2)中学3年の1,2学期総合の成績(※3)
S奨学生(※1) 入学金・授業料・施設設備費(3年間) 合計得点 220点以上 (推薦入試)5教科22または9教科38以上(※4)
A奨学生(※2) 入学金・授業料・施設設備費(1年間) 合計得点 210点以上 (推薦入試)5教科21または9教科36以上(※4)
(併願優遇)5教科21または9教科36以上
B奨学生 入学金 合計得点 200点以上

奨学生は入学手続きの際、事前に入学金を納入する必要はありません。
※1 高1はAPクラスに、高2、高3は特進コースに在籍することを条件とします。
※2 高等学校卒業時まで、成績・生活態度を審査し、年度ごとに認定します。
※3 評定加点はできません。
※4 2月12日の入学試験を「奨学生選考試験」として受験することを条件とします。

「奨学生選考試験」について

海外帰国生入試、推薦入試、および一般入試1回(2月10日)ですでに合格している受験生も、2月12日の一般入試を「奨学生選考試験」として受験することができます。なお、新たな出願手続や受験料は必要ありません。

  • 時間:一般入試と同時間
  • 持ち物:受験票、筆記用具、上ばき

奨学生対象者への連絡と手続

各合格発表当日、WEBで合否とともに発表します。
ただし、すでに合格した方が奨学生選考試験(2月12日)を受験し奨学生の対象となった場合のみ、電話で連絡いたします。(2月13日9:00~12:00ごろを予定)
奨学生の条件を満たし、給付を希望される方は、入学手続前に受付にその旨、お知らせください。
担当者より、条件等の説明をした後に奨学金給付の手続、入学手続を行っていただきます。

スポーツ・芸術等の成績による選考

個人において、1年以内に全国レベルの大会に出場、または日本代表レベルに該当する優秀な成績を修めた生徒を、奨学生として選考します。個別の審査となるので、事前にご相談ください。