共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

学習

特色ある取り組み

特色ある取り組み

真の美しさを身につける女子教育

中学では道徳の一環として「礼法」の授業を設け、専門の先生の指導を受けています。「和室と洋室の基本動作」や「座礼・立礼の基本」「食事の作法」など、場に合った正しい礼儀作法や美しい所作をしっかり身につけていきます。これは社会に出る際、大いに役立つと卒業生からも好評です。高校に入ると「マナー講座」で引き続き社会での振る舞いを学ぶとともに、高2では、「華道・茶道・装道」を全員が学ぶ時間を「和躾(なごみ)の日」として設け、外部の講師から「和」の作法を教わります。グローバルな社会において日本女性として知っておきたいことをきちんと伝えたい。それが女子校としての私達の役割だと考えています。

体験を重視した理科教育

中学生は校内のファームで野菜作りを行います。土に触れ、季節に応じた野菜を育てることは、「植物の世界」という理科教育の分野を超え、食物に対する意識を高め、生徒たちの人間性にも少なからず影響を与えていきます。ファームで収穫した作物は家庭に持ち帰るだけでなく食育や調理実習で使用。教科横断型の学びへとつながっていきます。本校には、天文教室で星空を眺め、野外観察で季節の変化に触れることのできる豊かな自然があります。また、自然環境だけでなく、4つの実験室を持つなど施設も充実。お茶の水女子大学の支援による「ウニの人工授精」と「幼生のポケット飼育」に挑戦するなど、教科書にとどまらない「体験」を重視した本校ならではの理科教育を行っています。

3-100計画(読書指導)

3年間で100冊の本を読もうというプログラムです。朝読書の時間はもちろんのこと、電車通学の時間を使っての読書を奨励しています。専門の読書ノートに、読書活動の記録も行なっています。本校では読書指導に力を入れているため、図書館のほか、教室や一部オープンスペースなどでも気軽に本に触れられるようになっています。

食育

ランチコーナーと厨房を設け、食育基本法に則った食育を推進しています。管理栄養士の指導の下、毎日2クラスずつ交代で給食を実施(費用学園負担)。「食育」とは健康な生活を送るために食に関する知識を育てることであり、食材の知識の修得に偏らず、マナーや伝統食、食料自給率や輸入問題についてなど、学ぶ内容は多岐にわたっています。