共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

進路

OGファイル

Vol.4 保谷智子 38回生

Vol.4 保谷智子 38回生

1.今の自分について

現在SE(システムエンジニア)2年目です。金融システムに携わっています。
私の仕事は、顧客や協力会社の方と一緒にシステムを作っています。具体的な仕事の内容として、1年目は協力会社の方に色々と教えて頂きながら、開発(設計やプログラミング)を行いました。2年目は、協力会社の方が作った設計書やプログラミングのレビュー(チェック)を行いつつ、協力会社の進捗管理などを行っています。まだ顧客と関わる機会が少ないですが、これから増えてくるので、不安な気持ちとわくわくする気持ちでいっぱいです。

2.共立二中高の思い出

共立女子第二中高時代は良い思い出でいっぱいです。 私は6年間吹奏楽部に所属しておりました。上下関係や友人関係で悩んだことも多々ありましたが、友人や先輩、後輩の大切さ、1つのものを作り上げる楽しさを教えてもらいました。作り上げるまでにたくさん苦労はしますが、お客さんに曲を届ける瞬間は言葉で表せない感動があります。皆で頑張ったからこそ味わえる感情だと思います。とても良い経験をさせて頂きました。現在の仕事でも人とたくさん関わる機会があり、モノづくりの仕事でもあるので、当経験がかなり活かされていると感じています。

当校は先生と生徒の距離が近いと思います。勉強で分からないことがあったとき、先生のところへ行くといつも優しく丁寧に教えて頂きました。勉強以外にも休み時間に先生と職員室の前で話をすることがとても楽しかったです。大学受験時の辛いときに、先生と話をする時間が私にとってのリフレッシュになっていました。現在も仕事で辛いことが多々ありますが、共立へ遊びに行き、先生とお話をすると元気を貰えます。また、共立時代の友人に会うと思い出話に花が咲き、辛いことも忘れることができます。当校で出逢った先生や友人は私にとっての宝物です。

現在働いている会社は女性が約2割しかいません。徐々に女性の割合は増えてきていますが、まだまだ少ないです。女性だからといって許されることはなく、男性と女性は平等に扱われています。その中でバリバリ働いている女性社員が私の憧れです。私も誰かの憧れの存在になるために、日々成長していきたいと日々感じています。このような考えが生まれたのも当校で過ごした6年間のおかげです。

3.受験生へのメッセージ

当校は先生がどんな時でも生徒と向き合って話を聞いてくれます。自分の夢を叶えるために一緒になって走ってくれます。勉強はもちろんのこと、部活などを通して、最後まで諦めずに頑張る気持ちを教えてくれました。自然に囲まれた中で、伸び伸びと自分の夢に向かって、学校生活を送ってほしいです。

4.学校の良さを一言で表現すると…

卒業後も先生に会いに行きたいと思える学校です。

5.プロフィール

1991年12月26日生まれ 東京都出身
2010年3月 共立女子第二高等学校 卒業
2010年4月 東京理科大学理学部数理情報科学科 入学
2014年3月 東京理科大学理学部数理情報科学科 卒業
2014年4月 株式会社野村総合研究所 入社