共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

進路

OGファイル

Vol.21 佐久間智子 38回生

Vol.21 佐久間智子 38回生

1.現在の自分

現在銀行員三年目です。私は銀行の窓口でお客様応対をしています。お客様の口座の諸手続きや、ご相続、資産の相談等を受付しています。幅広い知識が求められ、日々勉強が必要ですが、お客様の相談にお応えするたびに、自身の成長を実感できる仕事です。

銀行員になるまで銀行はお金の管理だけをする仕事だと思っていました。しかし実際はまずはお客様の話をしっかり聞いて、お一人お一人にあった対応をしていくことが求められます。コミュニケーションがとても大切な仕事です。少数精鋭の職場ですが、支店全員で協力しながら、お客様対応をすることにとてもやりがいを感じています。

2.共立第二の思い出・良い所等

共立女子第二では1年間で多くの行事が行われます。わたしは中学生の時から行事が大好きでした。広いグランドで、学年の垣根を超えて盛り上がる体育大会。校舎全体を装飾し、全校生徒で盛り上げる白亜祭。高校三年生を下級生が送りだす予餞会。高校生になり一から行事を作り上げることが出来る生徒会に所属しました。

特に思い出深いのは、高校2年の白亜祭です。半年以上前から準備をし、テーマ決め、実行委員選出、日程調整等を行います。高校2年の夏には、夏休みのほとんどを費やし、文化祭の実行委員で、白亜祭の準備をしたのは良い思い出となっています。白亜祭当日に装飾された校舎、多くの来場者、楽しそうな生徒を見た時の達成感は忘れられません。

私は、全校生徒を巻き込む考えを発信することを意識して生徒会活動を行いました。その考えは、環境は違っていても、どんな組織にでも大切になる考え方だと卒業した今、実感しています。私の職場は少数精鋭で、多くのお客様を対応しています。全体を見て仕事をすることが求められる職場で、共立で学んだ考えは日々とても役立っています。

また、段取りのサポートや、アドバイスは多くの先生方に頂きました。どの先生に聞いても意見を下さり、どの先生にでも話が出来るのが共立女子第二の魅力だと私は思います。生徒会活動に没頭出来たことも、周りの先生方の協力があったからです。生徒会活動だけでなく、試験前の相談、受験の前の面接練習、日常の悩み、当校の先生方は本当に1人1人に真剣に対応して下さいます。素敵な先生方に甘えさせて頂き、本当に自由で、楽しい6年間を送ることができました。

3.受験生へのメッセージ

当校の魅力は先生方だと思います。中学、高校合わせると6年間という長い時間を一緒に過ごします。その中で色々な事を経験し、自分でも知らない自分に出会うと思います。時にはそんな自分が嫌になる事もあるかもしれませんが、先生方は常にどんな時も味方でいてくれます。安心して、ゆっくり自分と向き合ってみて下さい。そして、共立女子第二で思いっきり楽しい時間を過ごして下さい!

4.学校の良さ

自分について、友達について、将来について、考える時間をくれる学校です。

5.プロフィール

1992年2月生まれ 東京都多摩市出身
2010年3月 共立女子第二高等学校卒業
2010年4月 聖心女子大学文学部入学
2014年3月 聖心女子大学文学部心理学科卒業
2014年4月 三井住友銀行 入行