共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

ご案内

トピックス一覧

トピックス詳細

トピックス一覧へ戻る

トピックス詳細

更新日:2017年11月21日(火)

行事 クラブ・生徒会 スケッチ その他

ドリームキャッチャーを作りました!

本校では年間を通じて、英語科の主催による様々なイマージョン・ワークショップを行っています。
今日は東京外国語大学で講師をされているLilyさんをお招きし、ドリームキャッチャーを作りました!
ドリームキャッチャーとは、カナダとアメリカにまたがる先住民インディアンのオジブワ族に伝わる装飾品で、輪の中にクモの巣状の網を張り、羽やビーズなどで飾られています。
もともとは親が手作りして子供の枕元にかけておくもので、クモの巣状の網で悪い夢はキャッチし、良い夢はそれをすり抜けて子供に届くとされているそうです。
魔除けのお守りのようなものでしょうか。
Lilyさんには最初、オジブワ族に関する歴史など、そしてドリームキャッチャーについてお話をしていただき、その後実際に手作りにチャレンジしました。
輪の中に毛糸で網を編んでいくのがなかなか難しかったようです。
「蜘蛛の巣」ができあがったら、羽やビーズをあしらって完成となります。

しかし時間がちょっと足らなかったようで、材料を持ち帰って装飾は家で続ける生徒が多かったようです。
早く完成させて、みんないい夢見てください!