HOME

入試情報説明会

2/3午後入試 4技能型について

2/3午後入試 4技能型について

2/3午後入試 4技能型について

 グローバル時代が到来し、日本の小学校・中学校英語教育はより高いコミュニケーションが可能となる英語教育を目指していくことが必要な時代となりました。小学校での英語が必修化され、これからの大学入試では知識を使いこなし「コミュニケーションに使える英語力」が重要視されるようになります。また、知識を前提にしながらも、活用する「思考力・判断力・表現力」をより一層育てていかなければなりません。このような時代に対応すべく、昨年まで実施していたインタラクティブ入試を進化させ、バージョンアップすることにしました。
 こちらは海外帰国生入試のように特別な出願資格は設けていません。海外帰国生入試の受験資格から外れてしまった受験生や、「海外経験はあまりないけれども習い事等で英語が得意」というお子様も是非チャレンジしてください。

 新しく導入される英語4技能入試は“Reading & Writing” と “Listening & Speaking” の2つのセクションで構成されており、4技能の力をすべて測定する問題となります。ベースとなるものは本校の海外帰国生入試と同様に「発信型の英語」をテーマとしており、それぞれのセクションに思考力や判断力を問う問題が含まれます。
 レベルは英検3級から準2級程度となっていますので、海外帰国生入試よりは若干やさしめになります。“Listening&Speaking”に関しては昨年までのインタラクティブ入試を参考にしてください。“Reading&Writing”に関しては英検で出題されるような問題を参考に対策をしてもらえればいいと思いますが、英文の内容を日本語で要約する問題も出題する予定です。
 そちらは今後準備が整い次第サンプル問題をHP上に掲載する予定です。しばらくお待ちください。

 入試情報・説明会についてはこちらよりご覧ください。