共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

教育方針

保健体育

保健体育

多様な種目を通して、生涯スポーツの基礎を身に着けていきます

体育では、中高共に生徒が幅広く運動に親しみ、体力を高め、生涯スポーツの基礎を身につけるよう指導しており、特にバレーボールとダンスを中高一貫の教材として扱っています。
バレーボールは、中学1年生でボールに慣れることから始め、パス、サーブの基本動作を身につけ、3年生ではゲームを繰り返しながら、個々の役割を理解し、協力して楽しむことをねらいとしています。高校では、ボールサイズが変わるため、1年生で基本技術の復習を実施し、スパイク練習を経て、3年生では6年間のまとめとしてクラス内でチームを作り、リーグ戦を実施します。審判も生徒同士で行い公平かつ安全な姿勢も育てます。
ダンスは、中学1年生で基本的な動きや作り方を学び、中学2年生から高校1年生までは、学年に応じたテーマからグループごとに題材を選び、作品を完成させることを目標とします。3年生では、体育祭に向かって6年間で学んだ技能を生かし、更に技術的に難易度の高い「荒城の月」の曲を用いたダンスを学び、感情移入も含め、集団演技として美しく幻想的なダンスに仕上げることを目標としています。
保健では、日常生活と関連させて心身の発達や環境問題・疾病の現状・健康と生活について学び、生涯にわたって健康を意識して生活できる力を育てることに重点を置いています。

※画像をクリックすると動画が再生されます。

学年 前期 中期 後期
中学1年 中学2年 中学3年 高校1年 高校2年 高校3年
目標 体育 ◯運動に自主的に取り組ませ、運動の楽しさや喜びを味わうことができるようにし、生活を明るく健全にする態度を育てる。 ◯運動を適切に行うことによって、強健な身体を育てるとともに、強い意志を養い、体力の向上を図る。 ◯運動における競争や共同の経験を通して、公正な態度を育て、規則を守り、互いに協力して責任を果たす態度を育てる。 ◯自分の能力に応じた目標を立て、運動の基本技術を学ぶとともに行動の基本的態度を育てる。 ◯自主的な活動を通し,心身の発達をはかるとともに、より美しく、しなやかな身体を育てる。 ◯スポーツ科学を学び,自主的行動を発展させ、体育・スポーツ活動の生活化につながる技能や態度を育てる。
保健 ◯心身の発達や心の健康について理解させ、将来にわたって健康を保持増進することができる能力と態度を育てる。 ◯健康と環境の関わり及び傷害の防止についての理解を深め、応急処置の基本的技能を習得させる。 ◯疾病の現状・予防及び健康と生活について理解を深めさせ、個々の生活と関連づけて学ばせる。 ◯個人及び社会生活における健康・安全について理解させるため、健康を生活行動の様々な側面から関連づけて学ばせる。 ◯生涯にわたっての健康を、自己の健康と社会生活における集団の健康の両面から学ばせ、社会問題として捉えさせる。
科目
( )は
時間数
体 育(2.5) 体 育(2.5) 体 育(2.5) 体 育(2) 体 育(2) 体 育(3)
保 健(0.5) 保 健(0.5) 保 健(0.5) 保 健(1) 保 健(1)
目標 体 育◎中高一貫種目 ◎バレーボール
◎ダンス(含創作)
◯集団行動の基本動作
◯体操
◯バスケットボール
◯フットサル
◯マット運動
◯運動会種目練習
◎バレーボール
◎ダンス(含創作)
◯バスケットボール
◯フットサル
◯マット運動
◯運動会種目練習
◎バレーボール
◎ダンス(含創作)
◯バスケットボール
◯剣道
◯マット運動
◯運動会種目練習
◎バレーボール
◎創作ダンス
(学年発表会実施)
◯ソフトボール
◯剣道
◯新体操
◎バレーボール
◎ダンス
(体育祭発表)
◯ハンドボール
◯バスケットボール
◯新体操
◯ボール運動
◎バレーボール
◎ダンス
(体育祭発表)
◯テニス
◯バドミントン
◯卓球
◯新体操
保 健 ◯心身の発達や心の健康について理解させ、将来にわたって健康を保持増進することができる能力と態度を育てる。 ◯健康と環境の関わり及び傷害の防止についての理解を深め、応急処置の基本的技能を習得させる。 ◯疾病の現状・予防及び健康と生活について理解を深めさせ、個々の生活と関連づけて学ばせる。 ◯個人及び社会生活における健康・安全について理解させるため、健康を生活行動の様々な側面から関連づけて学ばせる。 ◯生涯にわたっての健康を、自己の健康と社会生活における集団の健康の両面から学ばせ、社会問題として捉えさせる。

※新課程導入に向けてカリキュラム移行中のため、項目が学年により重複していることがあります。