HOME

入試情報説明会

2/3合科型入試(PM)について

2/3合科型入試(PM)について

2/3合科型入試(PM)について

 今後の大学入試では、知識量や暗記量だけではなく、知識や技能を活用できる力がさらに重要視されます。そこで本校では教科の枠組みを超えた記述中心の「合科型入試」という、従来型の入試では測れない思考力・判断力・表現力を問う入試を2016(平成28)年度入試から実施しています。この入試では「算数(100点)」「合科型論述テスト(100点)」「面接」が行われます。

 「合科」は1つの長い会話文と提示された図や表などの資料を読み、その中から理科や社会に関係する質問に対し、40字前後の短い文で解答する問題が数問出題されます。また最後の質問では、会話文に関係するテーマで、具体例や自分の意見などを100~200字程度の文章で論述する問題が数問出題されます。細かな知識を問うことよりも、考える力や表現する力を測ることが目的です。

 「算数」では4科型の入試(2/1、2/2)とは異なり、途中式などを採点対象とする問題や自分で問題を作る問題も出題します。

 「面接」については、少人数のグループでグループワークに取り組み、その中での行動力・コミュニケーション能力・表現力などを測ります。15分程度で、加点式となっています。(詳しくは下の動画をご覧ください)

※2021年度入試の面接(グループワーク)は中止

面接(グループワーク)の説明動画