学校案内 学校案内

HOME

共立について

学校長メッセージ

学校長メッセージ

メッセージ

 本校の母体は、明治19年(西暦1886年)に女子教育の先駆者34名によって創設された共立女子職業学校です。共立女子学園は、創立以来、建学の精神である女性の自立と社会に役立つ女性の育成を目標に、「誠実・勤勉・友愛」の校訓のもと着実な歩みを続け、今日では幼稚園・中学高等学校・第二中学校高等学校・短期大学・大学・大学院を擁し、約8,000名の生徒・学生が学ぶ、女子教育の総合学園として発展しています。伝統ある女子校はミッション系の学校を除いて、一人の女性教育者が創立者となり、その創立者の名前が校名となっている場合が多いのに対して、本校の母体となった共立女子職業学校は34名の立場の異なる人々が集まってできた学校です。「共立」という校名もそこからきています。

 共立女子中学高等学校は「東京一出会いの多い女子校」です。そして「多様性と柔軟性をもった『元気な女子校』」です。多様な個性をもった生徒たちは、毎日元気に学校生活を送り、多くの友だちや先生と触れ合う中で、柔軟に自己を磨き、活躍・挑戦を続けています。共立では、学校での勉強だけではなく、多様な「学び」を大切にしています。多くの出会いや発見、経験を重ねる中で、様々な個性や価値観と接し、興味や関心の幅を拡げて、人としての土台を大きくしながら成長していくのが共立生です。活発な部活動や多彩な行事をはじめとして、柔軟に自分を表現し、活躍・挑戦できる場所や機会が数多くあることが、明るく元気でパワフルな共立生を育んでいるに違いありません。

 昨今の教育改革の流れの中で、現在共立では、とりわけ大学入試改革や社会のグローバル化への対応に、積極的に取り組んでいます。いち早く「合科型」や「論述」を入試に取り入れましたが、それはいわゆる2020年問題への対応の一環です。また、英語でのゲームや対話を介してコミュニケーション能力を評価する「インタラクティブ入試」も次年度で4年目を迎えます。早くから培った国際感覚や英語力を活かして、入学後はグローバルリーダーとして活躍してほしいと願っています。

 通常の4科型入試に加えて、「合科型入試」や「帰国生入試」、そして「インタラクティブ入試」など、それぞれの特長をもって入学してきた生徒がお互いに刺激し合い、多様性の中から、さらに新しい共立を作り上げてくれることを期待しています。

学校長 久永 靖史

学校長 久永 靖史