HOME

学園長・理事長 ご挨拶

学園長・理事長 ご挨拶

 共立女子学園は、明治19年(1886年)3月、女性の自立と社会的地位の向上を目指し、34人の先覚者を発起人として設立されました。その後、明治、大正、昭和、平成、令和と時代の変遷に対応しつつ、今日まで「女性の自立と自活」を建学の精神とし、「誠実・勤勉・友愛」を校訓に掲げる教育機関として女子教育の歴史と伝統を築いてきました。
 今では大学院と家政学部・文芸学部・国際学部・看護学部・ビジネス学部を置く共立女子大学、生活科学科・文科を置く共立女子短期大学、共立女子中学高等学校と共立女子第二中学校高等学校、そして共立大日坂幼稚園の5つの学校を擁し、学生・生徒・園児数は約8千人、卒業生は累計20万人を超える女子教育の総合教育機関として発展を続けています。

 今日、グローバル化や情報化が進み、科学技術の飛躍的な発展とともに世界的な規模で急激な社会的変化が進んでいます。一方、我が国では少子高齢化や産業構造の変化に伴い、働き方改革や地方創生、男女共同参画社会、共生社会の実現などの新たな社会的な課題にも直面しています。
 本学園では、このような変化に対応して自立し、自活して社会で活躍することができる女性を育てるために、建学の精神に基づいて各学校の教育研究の一層の充実と学園の長期的な経営基盤の確立を図るために「第二期中期計画(2018年度~ 2022年度)」を策定しました。本計画は、各設置校の教育のビジョンを明確にし、それを達成するための目標と客観的な評価指標を設定するとともに意思決定の迅速化と責任体制の明確化を図りました。実施に当たっては進捗状況を毎年点検・評価し、着実に推進しています。

 現在、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、日常生活や経済活動その他様々な社会的活動が制限されていますが、このような中、本学園では2020年度から大学に新たにビジネス学部を開設しました。また、各校で感染対策を徹底して安心安全の学びの場を確保し、「学びを止めない」「つながりを切らない」ことを大方針に、オンライン授業や分散登校などの対応を行って教育活動を継続してきました。
 2021年度は引き続き感染防止対策を徹底し、中学高等学校・第二中学校高等学校、幼稚園では対面授業・対面指導を、大学・短期大学では教育効果の高い一部の授業はオンラインを活用しますが、原則として対面授業を基本として教育活動を実施することとしています。
 社会のあらゆる分野で新型コロナウイルスへの対応を機に急速にデジタル化が進む中、本学園でも大学・短期大学では「Kyoritsu教学DX 推進プラン」を策定し、すべての教室で同時双方向の授業が展開できるようにするなど学修環境の向上を目指した整備を推進しています。中学高等学校・第二中学校高等学校においても教育活動の基盤的なツールとしてICTを活用し、効果的な学びを促進させています。幼稚園においても、園務の改善等にICT機器を導入して教育の質を高めています。
 コロナ禍の中で本学園のみならずこれからの教育が大きく変化していく新しい動きが生じています。今回の経験を生かして、多様な教育方法を取り入れながらより効果的な教育活動を実施していくとともに、デジタル化では対応できない人と人とが対面して学び合うことの重要性を改めて確認し、これからの教育活動においても、教員と学生・生徒・園児同士の交流とつながりを大切にして、一人ひとりの可能性を最大限に引き出すための新しい教育の実践に取り組んでまいります。


2021年4月1日

学校法人共立女子学園 学園長・理事長
御手洗 康