HOME

ニュース一覧

ニュース詳細

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2017年12月01日

学生活動

 

【Stand Up! プロジェクト】Libcommo脱出ゲームプロジェクト:チーム別活動①

【情報収集・ストーリー作り】

脱出ゲーム制作に向けて、3チームに分かれて情報収集をしました。

・脱出ゲームについて

・リブコモ(図書館・ラーニングコモンズ・)について

・学部・学科別問題に向けて

関係している学内外の方々にアポイントや依頼をし、ガイダンスなどを実施しました。

また、それと同時進行でチーム毎にストーリーを考えています。最終的にチーム対抗のコンペを行い、一つのストーリーを選ぶ予定です。

苦手なことに挑戦しながら、時に失敗から学びながら、着実に活動をしています。

 

<各チームの活動について>
【脱出ゲームについて】

10月24日

班別の打ち合わせをしました。
私たちの班は早稲田大学の皆さんの話をお聞きするため、必要なことや役割分担を話し合いました。

必要なこととして、メールのやり取りをすることが上がりました。
メールのやり取りをするにあたって、自分たちの取り組みや、質問したいことなどを詳しくお伝えするために、質問の内容について考えました。

質問の内容としては、問題数や形式・想定解答時間・関わる人数・参加人数・景品について・製作中に困ったこと・どんな目標で取り組んでいるのか・問題を作るにあたってテーマを決めているのかなどについてお聞きしたいという意見が出ました。


役割分担としては、メールの文書を考える人、メールや電話で連絡を取る人、手土産を考える人、当日司会をする人と分けました。

また、ストーリーについても話し合いを始め、ブレインライティングシートを使って意見を出しました。これから、個々でストーリーを考え、まとめていこうと思います。
(by.プロジェクトメンバー)

 

11月7日

11月7日(火)に班別の打ち合わせを行いました。
最初に、早稲田大学の方に話を伺う日を調整しました。
その後、考えてきたストーリーを出し合って、話し合いました。
次回はもう少し詳しくストーリーの内容を考え、パワーポイントでまとめたいと思います。

(by.プロジェクトメンバー)

 

11月9日
早稲田大学さんにお邪魔し、実際に脱出ゲームを制作した学生さんからお話を伺うことができました。

事前に用意していた質問事項についてはもちろんのこと、図書館がかかわっている脱出ゲームだからこそのアドバイスをいただき、自分たちが思っている以上に制作に時間がかかりそうであることに気が付いたようです。

当日参加できなかったメンバーにも、後日内容を共有していました。

(by.プロジェクトサポーター)

 

11月14日

11月14日に班別の打ち合わせをしました。
Livsさんからお聞きした話を共有し、それを踏まえてストーリーの流れを改めて考えました。

 

11月21日

11月21日に火曜4限グループで打ち合わせを行いました。
今回は全体会に向けたストーリーのパワーポイント制作を中心に活動しました。
ストーリーの大筋は前回までに決まっていたので、パワーポイントを制作するためにある程度まで詳しく設定を決めていきました。
パワーポイントはそれぞれの担当ごとに制作し、次回それをまとめて完成させる予定です。

 

11月28日

11月28日に火曜日4限チームの話し合いを行いました。
主にパワーポイントの作成を中心に、話の内容を詳しく話し合いながら、より良いものになるよう皆で意見を出し合いました。

  • 話し合い

  • ブレインライティングシートを活用

  • 早稲田大学へ!