共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

トピックス一覧

軽井沢 夏のようちえん

トピックス一覧へ戻る

軽井沢 夏のようちえん

更新日:2018年07月23日

イベント

 7月19日(木)から21日(土)まで、年長組(こばと組)の希望者の親子が軽井沢で「夏のようちえん」を行いました。

 寮に着き、お世話をして下さる方に挨拶を済ませ、3日間を共に過ごすグループ分けのくじ引きをしました。

 その後最初のプログラムのソーセージ作りでは、「冷たくて、もう触れない。」「こんなに冷たいとは思わなかった」と冷たいお肉にびっくりしながら、お肉を腸詰しました。

 その後、研修センターでピアノとバイオリンのコンサートがあり、子ども達の好きな曲や園歌、クラッシックの曲などの演奏を聴きました。目を閉じながら聞き入る場面や一緒に歌う場面もあり、バラエティに富んだコンサートに子どもも大人も素敵な時間を過ごすことが出来ました。

 その後お風呂に入ったり、夕食を頂いたり、宝探しをしたりと、あっ!という間に一日が過ぎました。

 20日の朝は全員で体操をしたり、自転車に乗った後、子ども達と先生で散策に出かけました。

 楽焼をしたり、矢ケ崎公園で遊んだり、木のたくさん茂っている道を頑張って歩きました。

 矢ケ崎公園では、カエルやミミズをみつけたり、丸太に乗ってバランスを取って遊んだり、木の枝で杖を作ったり、鬼ごっこをしました。

 「ここは涼しくて、気持ちいいね。」「幼稚園にいないカエルがいたから、びっくりした。」「丸太に600秒乗れた!」ととても嬉しそうでした。

 夜には、「お楽しみ会」をしました。お母さま方の出し物、各グループの発表、先生たちの劇を皆で楽しみました。

 最後の日には、全員で集合写真を撮り、園歌をうたい、解散となりました。

 今年の軽井沢もとても暑かったのですが、子ども達は全員元気で「軽井沢の全部が楽しかった!」という感想がたくさん出るほど満喫した3日間でした。