共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

ニュース一覧

ニュース詳細

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2017年06月14日

中1 中2 中3 高1 高2 高3 保護者 受験生・小学生

九州修学旅行

 高校2年生の行事として、A班が6月1日(木)から6月5日(月)まで、B班が6月2日(金)から6月6日(火)まで、4泊5日の九州修学旅行が行われました。

 

1日目

 羽田空港から一路、福岡空港へ。バスで柳川を目指します。白柳荘にて名物うなぎのせいろ蒸しに舌鼓を打った後は、ゆったりとどんこ舟にゆられながら一時間。御花見物を終えて、お宿長崎・平戸までいきます。

 

2日目

 朝から長崎県平戸市内の班別自主見学をしました。班ごとにあちこち、道に迷ったときには地元の方に道を尋ねながらゴール(平戸城など)を目指します。お昼は、平戸名物鯛茶漬け。美味しくいただきました。
 午後は、有田ポーセリンパークの工房で、てびねり体験です。有田焼きは今年で創業401周年を迎えます。生徒達は自らで考えた形の作品を皆真剣に作り上げ、素敵な作品ができました。

 

3日目

 長崎市内班別自主見学と、平和学習の日です。午前は異文化交流の地長崎を、自分たちで考えた行程表に基づいて訪れました。事前に作成した行程表を元にグラバー園、出島、浦上天主堂などを見学します。長崎の町について知見を深めることができました。路面電車も利用し、充実した班別の長崎市内自主行動を行いました。
 午後は平和について考える時間です。原爆資料館隣接の平和会館に行き、長崎原爆資料館の見学と被爆された原田美智子さんの講話を聴きました。どの生徒も70年程前の原爆の被害の甚大さ、悲惨さに耳を傾け学習していました。

 

4日目

 午前中は、西海橋九十九島パールシーリゾートを訪れ、海きららという水族館見学とパールクイーン号で九十九島めぐりをしました。館内には、養殖真珠の玉だし体験コーナーがあり、自らが取り出した真珠を使用した、ストラップやイヤリング等に加工をしていました。生徒だけでなく先生も体験されていました。
 午後は、ハウステンボス班別自主見学です。とても楽しみにしていた生徒が多く、再現されたオランダの町並みを見学したり、体験をしている姿が見られました。

 

5日目

 宿泊地のホテルオークラハウステンボスを出て、一路太宰府天満宮へ向かいました。中神茶屋にて、伝統の梅ヶ枝餅を頂きました。昼食後は、グループごとで自由散策を行いました。太宰府天満宮は学問の神様が祀られているということもあり、おみくじやお守りを購入する生徒の姿が多く見られました。
 生徒たちは共立生活最後の修学旅行の思い出に浸りつつ、福岡空港から羽田空港へ向かい、全行程を終了しました。