共立女子大学・共立女子短期大学 博物館

博物館

ニュース一覧

ニュース詳細

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2018年05月21日

展示

【終了】企画展:「きもので夏を楽しむ」[2018.6.13~7.31]

会期:平成30年6月13日(水)~7月31日(火)

開館時間 : 9時30分~16時30分(土曜日は12時まで)

場所 :  共立女子大学博物館(共立女子学園2号館B1F)

休館日:日曜日(6月17日・7月1日・7月15日を除く)・祝日(7月16日を除く)

入館:2号館1階玄関受付で入館手続きをしてください。入館無料

※休館日、開館時間が変更になる場合があります。
 

今年も日本の四季の中でも活気にあふれた夏がやって参りました。

「夏」と聞きますと、照りつける暑い日差しを感じるのもさることながら、花火大会、七夕、海水浴、お祭りなど様々なイベントを思い浮かべます。昔の日本においても様々な夏の楽しみ方があり、日常生活で着用する小袖や着物においても、季節を楽しむ心がそれに表現されていました。

本展覧会では、江戸時代から昭和初期の小袖や着物、装飾品などを中心にご紹介していきます。

生地の色合いや素材を工夫し、夏を感じさせるモチーフをあしらうことによって日本女性たちはどのように涼しさを演出し夏を楽しんでいたのか。涼感あふれる世界にご期待ください。