共立女子大学・共立女子短期大学 博物館

当館について

博物館

当館について

館長メッセージ

館長画像

ごあいさつ

このたび大学博物館開館にともない、館長に就任いたしました長崎巌です。どうぞよろしくお願いいたします。
ごあいさつとともに、本学の博物館につき簡単にご紹介させていただきます。

明治19年(1886)の創立以来、すでに130年の歴史を重ねている共立女子学園には、長年にわたって収集されてきた日本と西洋の服飾品やその他の工芸品、美術品が多数収蔵されています。これらは長らく学生のための教育資料として、また教員の研究資料として幅広く活用されてきましたが、美術館・博物館への貸し出しなどを通じて、本学コレクションの存在が社会に認知されるとともに、その全面的な公開が望まれていました。
そうした社会的要請にこたえるためもあり、平成28年10月、学園の創立130周年を記念して、共立女子学園2号館の建設とともに共立女子大学博物館が新設されました。

収蔵品の中心をなすのは、江戸時代から昭和時代初期の女性の小袖・着物類、帯などの日本の染織・服飾資料であり、これらのほか、公家・武家・庶民の男性服飾、大名家の婚礼調度類も充実しています。また西洋美術では、イタリアで活躍したデザイナー、マリアノ・フォルチュニィのドレスをはじめとする近代ヨーロッパの服飾類やアール・ヌーヴォーのガラス器、アメリカンキルトなども収蔵品に含まれています。

本博物館では、「和と洋が出会う博物館」として、所蔵するこうした文化財を展示するとともに、様々な企画展ほか、講演会・ワークショップなどの関連事業を通して、皆様に和と洋の文化の歴史と美に触れていただきたいと考えています。

平成28年10月1日

共立女子大学博物館長

長崎 巖

館長画像

概要

共立学園コレクション 小袖・着物編
共立学園コレクション 日本服飾編

施設

展示室79㎡、収蔵庫36㎡(神田)、前室35㎡、事務室等

沿革

平成28年10月1日開館

刊行物

共立学園コレクション 小袖・着物編
共立学園コレクション 日本服飾編

規程等