HOME

ニュース一覧

ニュース詳細

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2020年11月13日

中1 中2 中3 高1 高2 高3 保護者 受験生・小学生

PTA文化部主催「鳩山会館見学会」開催

11日9日、PTA中学文化部主催「鳩山会館見学」が行われました。コロナ禍の中での開催に不安もありましたが、当日は80名近くの方が参加され、小春日和の中、穏やかな時間を過ごしました。
鳩山会館は、音羽通りから木々に囲まれた長い坂道を登ると見えてくるイギリス風の洋館。元内閣総理大臣 鳩山一郎氏の私邸として関東大震災の翌年、大正13年に完成しました。共立女子学園創立者の1人である鳩山春子先生は一郎氏のお母様。また元共立女子学園理事長である鳩山薫先生は一郎氏夫人であり、お二人ともに日本の女子教育に大きく貢献されました。

館内に入ると、日本人初のステンドグラス作家と言われる小川三知氏による「鳩と五重塔」が美しく配された作品が、彩光の加減により様々な表情を見せるなど、より洗練された雰囲気を感じとることができます。
重要な政治の舞台となった「第二応接室」や書斎や執務室を残した「各記念室」などからは大正から昭和にかけての激動の日本政治の息吹を感じるとができました。

庭園では、一郎氏が好んでいた「ピース」を始め、共立の校訓の一つでもある「友愛」、同窓会会長桂由美さんから寄贈された「ローズユミ」
など色とりどりの薔薇が満開でした。

英国風サンルームからは、自然と集った保護者の方々の楽しそうなお喋りの声も聞かれ、親睦を深めていらっしゃったようです。
「ぜひまた参加したいです」という声が多く聞かれた中、充実した時間は瞬く間に過ぎ、素敵な秋の1日となりました。