130th ANNIV. SPECIAL WEB MAGAZINE Advance! キャリア形成と自立志向を「ジブンゴト化」するウェブマガジン

vol.15

共立の卒業生にインタビュー!

働き女子のホントのキモチ

「『また、割田さんにお願いしたい』――お客様の声が仕事のやりがいです」

2017.10.05

株式会社JTB首都圏

割田さゆり(わりた・さゆり)さん

ひばりが丘パルコ店勤務。国際学部・2015年度卒業

 “人と関わる仕事”を叶えるべく、就活時は60社もの企業にエントリーをしたという、割田さん。「『ありがとう』と言われることが最大の喜び」と語る彼女のルーツは、大学時代に培われたといいます。

“笑顔で帰っていただくこと”を一日の目標に

「大学時代は池袋駅構内にある、コーヒーショップでアルバイトをしていました。朝7時30分からのシフトだと、出勤前に立ち寄るお客様がほとんどなので、時間が勝負。スムーズにコーヒーをお渡しすることに必死でした」
 
そんな割田さんは、アルバイト中に自分だけの決まり事を作っていたと話します。
 
「来ていただいたお客様に、必ず“笑顔”で帰っていただきたかったので、コーヒーを渡す時に“一言のお声がけ”を意識していました。例えば、夏は『今日は暑いので、お気をつけてください』、冬は『冷めないうちに、お召し上がりください』と…」
 
割田さんの心がこもった言葉のおかげで、常連のお客様が増えたのだそうです。
 
「おなじみのお客様の中には『ありがとう』と声をかけてくださる方もいて、本当にうれしかったですね。アルバイトの経験で、人に感謝されることが自分の喜びになると知りました。それで、就職するなら人と関わる仕事がいいなと、接客業を志望したんです」

就活時にエントリーした企業は、60社以上!

アルバイトだけでなく、大学3、4年はゼミ長をするなど、教授や友人と過ごす時間も大いに楽しんだと振り返ります。
 
「もともと、海外の文化に興味もありましたし、旅行が趣味なので、大学の講義は楽しく受けていました。特に、ゼミの教授の講義は、前列を陣取って受けていたぐらいです(笑)」
 
「根は真面目ではないのですが…」と謙遜する割田さんですが、就活モードに切り替えたタイミングは、周囲の誰よりも早かったようです。
 
「大学3年時の12月1日、就活解禁日に合わせて髪色を変えて、就職説明会にどんどん参加しました。就活への意識が高かった、高校時代の友人に影響されたのだと思います」
 
エントリーした企業は60社以上! その本気度は、一目瞭然です。
 
「1日に3社の説明会に参加したこともありました。当時は大変だったはずですが、今はもう、楽しかった思い出になっています。不思議です(笑)」
 
広い視野で多くの企業にトライしていた割田さんですが、特に志願していたのは旅行業界でした。
 
「子どもの頃から、家族で旅行するのが大好きでした。特に、高校生の頃、大阪へ行った時のことは忘れられません。直前までチケットや宿が取れず、家族は諦めモードでしたが、旅行代理店の方がギリギリまで対応してくれたおかげで、無事に旅行ができました。その時お世話になったのが、JTBグループのお店。だから、弊グループへ志望する気持ちは、かなり強かったんです」
 
面接試験までの期間、都内はもちろん旅行先でもJTBの店舗に足を運び、店舗研究に努めたそうです。その努力が実り、割田さんは第一志望だった「JTB 首都圏」の内定を勝ち取りました。

“語れない土地”がなくなるよう、日本全国を制覇したい

現在(2017年)、西東京市の「ひばりが丘パルコ店」へ勤務して、3年目の割田さん。
 
「国内・海外旅行の販売や新幹線チケットの手配に加え、保険・クレジットカードのご案内もしています。今年から、保険・クレジットカード加入の推進リーダーになりました」
 
割田さんは、旅行商品の案内の精度を上げるため、個人的に努めていることがあるそうです。
 
「訪れたことがない土地の旅行やチケットを手配する時、的確にご案内できていないと感じることがあります。それが嫌なので、“語れない土地”が無くなるよう、休暇を利用して日本全国を旅しています。近々は、金沢に行く予定です!」
 
そんな彼女に、仕事のモチベーションについて聞くと…。
 
「“お客様の声”です。『ありがとう』と言っていただけることが、やはり、喜びですね。先日、お客様から『また、割田さんに(案内を)お願いしたい』と言っていただき、この仕事をやっていて良かったと心から思いました」
 
最後に、就活生へメッセージをいただきました。
 
「当時、不採用を伝える、いわゆる“お祈りメール”に何度も落ち込みましたが、そんな時は『何とかなる!』と自分を鼓舞して乗り切りました。人生で最も大変な時期だと思いますが、過ぎればいい思い出になるはず。悔いが残らないように、頑張ってください」
 
CS(カスタマーサティスファクション)アンケートで、店舗1位を誇る割田さん。お客様のために努力を惜しまない献身的な取り組みが、愛される理由なのでしょう。大変な時も常に前を向いてきた先輩の姿が、就活生の希望となりますように!

働き女子のリアルを斬る、一問一答!

働き女子のお仕事以外の顔が見てみたい! そこで、ちょっとミーハーな質問から、秘密のプライベートをのぞいちゃいます♪

Q1.何気に自慢できる特技はありますか? A1.書道。コンクールで受賞したことがあります
Q2.今はまっている、スマホアプリは何? A2.Instagram、LIPS、SNOW、B612
Q3.趣味やはまっていることは? A3.旅行、化粧品、香水を集めること
Q4.今行きたい海外はどこ? A5.ハワイ。今年はまだ行けていないので…
Q5.主な休日の過ごし方は? A5.2日あったら旅行をします。朝イチの新幹線に乗って、日帰り旅行もします
Q6.好きな異性のタイプは? A6.藤木直人さんや伊藤英明さんのような、ダンディな人
Q7. 好きな映画は何ですか? A7. 『ワールド・ウォーZ』『チャーリーとチョコレート工場』。何度も観ています
Q8.社会人になって一番変わったことは? A8.肌質
Q9.スキンケアで気をつけていることは? A9.保湿
Q10.メイクのポイントは? A10.まゆげと口紅
Q11.1カ月お休みがもらえたら、何がしたいですか? A11.短期留学・ホームステイ
Q12.憧れている(目標にしている)女性はいますか? A12.母と祖母
Q13.共立女子大・短期大学の学食でよく食べていたメニューは? A13.冷やし担々麺
Q14.共立女子大・短期大学の一番の自慢は? A14. 先生が親身になって話を聞いてくれるところ

おすすめ連載

一覧を見る