130th ANNIV. SPECIAL WEB MAGAZINE Advance! キャリア形成と自立志向を「ジブンゴト化」するウェブマガジン

vol.28

共立の卒業生にインタビュー!

働き女子のホントのキモチ

「何かと遠回りしてきた人生ですが、今は、無駄ではなかったと思えます」

2018.12.03

キユーピー株式会社

入江治子(いりえ・はるこ)さん

研究開発本部 食創造研究所 タマゴ開発部 所属。家政学部食物栄養学科・2009年度卒業

短期大学・生活科学科を卒業後、1年間限定で、私立大学付属・女子中高等科で家庭科の教員助手を経験した、入江さん。その後、家政学部食物栄養学科の3年次に編入し、食品メーカーの研究員の道を模索しながら、就活に励みました。

教員助手の経験で、将来への迷いがなくなった

「両親とも、製薬会社で薬の開発をしています。父と母は人の役に立つ仕事をしていると、気づかぬうちに尊敬していたのだと思います。研究・開発の仕事を志したのは、両親の影響が大きいですね」
 
食をベースにした研究・開発職に就きたいと、家政学部に編入する前提で、短期大学の生活科学科に入学。しかし、編入時期を目前にして、研究・開発職を目指す気持ちに迷いが出てきたそうです。
 
「4年制に編入すれば、研究や開発の仕事に就けるのだろうか、と自問自答する日々が続きました。そんなわたしを見かねた先生が、『向いていそうだし、やってみない?』と、家庭科の教員助手の仕事を薦めてくれたんです」
 
社会に出て働くことに戸惑いや不安はあったものの、入江さんには得難い経験となりました。
 
「30~50代と幅広い年代の先生がいらっしゃいました。先生にもかわいがっていただき、年が近い分生徒からも慕ってもらえて、楽しい1年でした。また、生徒の意見を受け止めて、ベテランの先生に繋ぐような場面もあり、年代の違う人とのコミュニケーション方法も学べたと思います」
 
教職の素晴らしさを実感したものの、研究・開発職への憧れの気持ちは消えなかったといいます。
 
「どうしても、開発の仕事を諦められない…。教員助手の経験があったからこそ、目指す覚悟ができたのだと思います」

▲「家に包丁がないという生徒もいて…(笑)。生徒の食環境を知り、より食の大切さを実感しました」

社訓への“ときめき”を力に、第一志望の内定を獲得!

教員助手の期間を経て、家政学部3年次に編入した、入江さん。食の分野の研究・開発職を目指したきっかけは、幼少時に遡ります。
 
「両親が忙しく、祖母と多くの時間を過ごしました。祖母から料理を習い、両親のために、わたしが夕飯を作ることもあって…。すると、両親がとても喜んでくれるんです(笑)。あの時、“食で人を喜ばせる楽しさ”を知ったのが、始まりなのかもしれません」
 
就活時、耳にしたことがある食品メーカーには、手当たり次第にESを送ったという入江さん。そんな折、現在お勤めの「キユーピー株式会社」の会社説明会に参加。社訓に心が“ときめいた”といいます。
 
「弊社の社訓のひとつに、『親を大切にすること』というのがあります。“親孝行のできる人、人の厚意をありがたく感じられる人が集まれば、その会社はおのずと発展する”という社訓に、胸を打たれました。仕事の内容も大事ですが、会社の雰囲気、一緒に働く人とのフィーリングも大事。きっとこの会社なら、自分らしく働けると直感しました」
 
入江さんの強い願いが届いたのでしょう。第一志望のキユーピー株式会社へ、見事、内定が決まりました。

▲「ESでかなり落とされましたが、なぜか、希望を捨てなかったんですよね。根が楽天家なんです(笑)」

どんなことも真剣に打ち込むと、自分の引き出しになる

入江さんは入社半年後、現在所属している「タマゴ開発部」に配属。約10年間、数々の製品開発に携わってきました。
 
「わたしの担当は、業務用の“液卵”製品や、“こだわりの卵”の開発です。液卵は、大量に卵を使用する、製菓メーカーや製パンメーカー向けの業務用の製品。こだわりの卵というのは、スーパーで見かけるブランド卵のような特徴のある卵です。食品メーカーの開発の仕事は、“味づくり”だと思っていたので、卵の設計を命じられた時は、少し驚きました」
 
白い菓子などに活用される卵黄色が薄い「ピュアホワイト®」や、フランス産の卵の食味を再現した「エグロワイヤル®」など、プロが欲する“こだわりの卵”を開発。そんな中、一番思い出深い卵は?と聞くと…。
 
「卵黄が赤い『ディープレッド®』シリーズです。初めてこだわりの卵を担当したのが、この卵。ニワトリに与える飼料の設計から始まり、約1年がかりで完成させました。まさか、ニワトリにどんな餌を与えるか考えるとは思いませんでしたが(笑)、完成した時はうれしくて、心からほっとしたことを覚えています」
 
「卵の世界は、本当に奥が深くて…」と、現在の開発の仕事に、更なる意欲を燃やしています。2017年に結婚をし、仕事と家庭の両立に奮闘する入江さんから、在校生へメッセージをいただきました。
 
「わたしは自分で失敗しないと、これはダメだった、自分に向いていないとわからない性格です。振り返ると、何かと遠回りしてきた人生だったと思います。就活の時も、友人とズレていることに焦りを感じましたが、教員助手の経験は、決して無駄ではありませんでした。
 
どんなことも真剣に打ち込むと、自分の引き出しになります。夢中になった経験は、社内の人や取引先の方との会話の糸口になり、仕事が円滑に進むことも。どんなことにもチャレンジすることを恐れず、学生生活を思い切り楽しんでほしいですね!」
 
狭き門である食品メーカーの研究開発職への切符を勝ち取り、常に真摯に仕事と向き合っている入江さん。周囲への感謝の気持ちを忘れない姿勢、朗らかで解放的な人柄、チャーミングな笑顔がステキです。マイペースでもぶれない気持ちがあれば、夢は叶う。そんなお手本を見せてもらったような気がしました。

▲入江さんが開発した凍結卵のリーフレット。掲載されているお菓子や調理例のメニューは、なんと、入江さんの手作りなのだとか!

働き女子のリアルを斬る、一問一答!

働き女子のお仕事以外の顔が見てみたい! そこで、ちょっとミーハーな質問から、秘密のプライベートをのぞいちゃいます♪

Q1.習い事はしていますか?何を習っていますか? A1.ヨガ
Q2.趣味やはまっていること、マイブームは?  A2.器が大好きで、国内外問わず旅先でもチェックします
Q3.今行きたい海外はどこ?その理由は?  A3.パリ。蚤の市でアンティーク食器を探したい
Q4.主な休日の過ごし方は? A4.ショッピング、おいしいお店巡り、たまった家事
Q5.1カ月お休みがもらえたら、何がしたいですか? A5.飽きるまでぼーっとした後、体を鍛えたい
Q6. 好きな映画は何ですか? A6.『犬ヶ島』『かいじゅうたちのいるところ』『ゆれる』
Q7.社会人になって一番変わったことは? A7.責任感。時間の使い方
Q8.よく使う、スマホアプリは(複数回答可)? A8. Instagram
Q9.自慢できる特技はありますか? A9.料理
Q10.憧れている(目標にしている)女性はいますか? A10.製薬会社で研究職をしながら、3人の子どもを育て上げた母
Q11.好きなタイプの異性は? A11.尊敬できる人。面白い人
Q12.スキンケアやメイクのポイントは? A12.シートパックを使って、毎日保湿。日焼け止めをぬる
Q13.最近、一番うれしかった出来事はなんですか? A13.おいしくてコスパの良いお店を見つけたこと
Q14.共立女子大・短期大学での一番の思い出は? A14.神保町のカレー屋さん巡り
Q15.共立女子大・短期大学の一番の自慢を教えてください! A15.先生、助手さん、就職進路課の方々など、学生のことを細やかに気にかけてくださること!

おすすめ連載

一覧を見る