共立女子大学・共立女子短期大学 | 図書館

KWU Library Commons

クリックでメニューが開きます

ご利用案内 ご利用案内

図書館

ご利用案内

学びのサポート

学びのサポート

図書館

図書館では、様々なレファレンスサービス・授業支援を行っています。
レポートや卒論を書くための情報収集、蔵書検索、各種データベースの使い方については、KWU info カウンターへいつでもお気軽にご相談ください。
授業・グループ単位でサポートを希望される方は、以下の申込フォームよりお申込みください。
 ・学生:【学生用】ガイダンス申込フォーム
 ・教員:【教員用】ガイダンス申込フォーム

1.図書館セミナー

過去のセミナー(動画公開)

2.図書館ツアー<30分程度>

図書館内の配置や基本的な使い方を紹介します。

・図書館の概要と利用上の注意説明

・学部学科に特化した配架場所案内

・貸出、返却、予約、書庫からの取り寄せ方法

・KWU infoカウンター(レファレンス案内)

3.図書館の使い方【グループワーク】<90分>

文献情報の基礎を説明します。

図書館の基本的な使い方、図書館の資料の検索方法を紹介し、グループで演習を行います。

1.資料の検索用キーワードを探す

2.図書館の蔵書検索を活用して本を探す

3.図書館に本を探しに行く

4.成果発表をする

4.レポート・卒論作成支援【個人演習】<90分>

レポート、卒論に必要な資料の検索方法を紹介し、個人演習を行います。

1.文献の種類と特徴を知る

2.図書館の蔵書検索

3.データベースを使用した論文検索(CiNii Articles)

4.文献複写の依頼方法

5.カスタマイズ

電子書籍、電子雑誌、各種データベースの利用方法・検索方法についてご案内します。

6.その他のサービス

・レファレンスサービス(研究資料の調査や収集のお手伝い、探索方法の説明など)

・館内資料貸出(辞書や事典などの参考図書)

・視聴覚資料貸出

・貴重書の授業利用

・その他授業で必要と思われる支援

全学教育推進センター

全学教育推進センターでは様々なITサポート・授業支援を行っています。
PCやインターネットの利用方法、kyonet、Google Appsの使い方については、ラーニング・コンシェルジュへいつでもお気軽にご相談ください。
教員向けのICTを活用した授業支援について教員向け学習支援申込フォーム(ラーニングコモンズ)
2号館のICT機器貸出について       教員向け2号館貸出機器予約フォーム(ラーニングコモンズ)

1.ITサポート

PCなどのデジタル機器やインターネットの使い方を支援します。

・PC、プロジェクター、電子黒板の使い方や接続方法

・Microsoft Officeの使い方(Word、Excel、PowerPoint)

・Adobeの使い方(Acrobat、Photoshop、Illustrator)

・kyonetの使い方

・KWU Wifiの使い方

・Google Appsの使い方

2.授業・講演会・研修会などの撮影(教員向け)

依頼書に基づいて撮影を行い、映像コンテンツを作成します。映像コンテンツはweb上に掲載し、事前・事後学習や欠席者への対応などに利用できます。

・映像とPPTなどの資料を組み合わせたコンテンツ

・映像に文字情報(字幕)を入れたコンテンツ

・映像にBGMが挿入されたイメージコンテンツ

・動画シラバスコンテンツ

3.授業資料やe-learningコンテンツの作成(教員向け)

先生がお持ちの手書きや本のコピー原稿から学習しやすい授業資料を作成します。

・手書き、本のコピーなどの原稿のデジタル化(Word、PDF、PowerPointなどの授業資料へ変換)

・テキストデータから音声ファイルを作成(日本語・英語・中国語・韓国語)

・テキストデータから視覚障害学生用の点訳データを作成

・テキストデータから分かりやすい動画マニュアル・webページなどを作成

4.ICT機器や設備などの活用支援(教員向け)

デジタル機器を授業内で活用できるよう使い方を支援します。

・電子黒板やタブレット端末を利用した双方向授業やアクティブラーニングの導入支援
教員向け2号館貸出機器予約フォーム(ラーニングコモンズ)よりお申込みください。

5.kyonetやGoogle Apps活用支援(教員向け)

学内ネットワークシステムやGoogleクラウドサービスの活用を支援します。

・Kyonetの小テストやアンケートを先生に代わって入力・配信し、自動集計された結果をお届けします。

・Google Appsの各種サービス(Gmail、Googleサイト、Googleドライブ、Google+、Youtubeなど)
を活用した授業支援をご提案します。