共立女子大学・短期大学 受験生応援SITE FIND!

Find!共立女子で在学生が見つけたジブン・ミライ

A.Sさん

子どもたちと
笑顔を共有できる
保育士を目指して

家政学部 児童学科

A.S

受験生へのメッセージ

先生方との日々の細やかな交流、大学の設備や環境など、共立女子大学にはここには書き切れないほどの魅力がたくさんあります。ぜひ一度、オープンキャンパスに来て大学の魅力を感じてみてください。

子どもたちと
笑顔を共有できる
保育士を目指して

家政学部 児童学科

A.S

共立女子を選んだ決め手は?
私は高校生の頃から「将来は子どもと関わる仕事に就きたい」という気持ちが強くありました。そのため、保育士や幼稚園教諭だけでなく、小学校教諭の資格も取得することができ、また、保育インターンシップなどの現場体験を通して実践力を身につけることのできるカリキュラムに魅力を感じ、共立女子大学に入学を決めました。
入学後に感じた、
共立女子の魅力は?
入学後、授業を通して北の丸公園や東京国立近代美術館へ行き、様々な視点から児童学について学ぶ機会がありました。大学内だけでなく、大学の周りの様々な視点や考えから学びを深めていくことのできるこの環境は、とても魅力的だと思います。
また、大学の近くに多くの書店があるところも、実習で様々な児童書や教材が必要となる児童学科の学生にとって嬉しい魅力の1つです。
共立女子でみつけた、
ジブン・ミライは?
大学での授業を通して児童について学び、実習を通して子どもたちと関わっていく中で、自分は保育士になりたい、と強く思うようになりました。自分の得意とするピアノを生かし、子どもたちと笑顔を共有することのできる保育士になりたいです。
将来の夢や目標に向けて
取り組んでいることは?
私は大学1年生の頃から保育園で保育補助をしています。この4年間、多くの子どもたちとの関わりを通して、子どもの成長の素晴らしさ、子どもの発達に合わせた関わりの大切さを学びました。現場の保育士の方の姿から学ぶことも多く、保育士を目指している自分にとってとても良い経験になりました。
受験生へのメッセージ

先生方との日々の細やかな交流、大学の設備や環境など、共立女子大学にはここには書き切れないほどの魅力がたくさんあります。ぜひ一度、オープンキャンパスに来て大学の魅力を感じてみてください。

一覧へ戻る

共立女子の魅力をもっとFIND!共立女子の魅力をもっとFIND!

  • 早わかり入試紹介
  • KYORITSU FIND NAVI