第2次世界大戦と
                         ヨーロッパ 
                     TERUO MATSUBARA

 

  開 戦  

【ナチスの侵略と開戦】

 1938年、ドイツは東ヨーロッパへの侵攻を行った。 
   1938年3月 ―― ドイツ民族の統合を名目に、ドイツ人が多く住んでいたオーストリアを併合する。
 同じくドイツ人が多く居住するチェコスロバキアのズデーテン地方の割譲を要求した。 
 ミュンヘン会議( 1938年9月 )では、イギリス・フランス・ドイツ・イタリアの首脳が集まり、チェコスロバキアの
代表を参加させないまま、ズデーテン地方のドイツへの割譲を認めた。 この会議で、イギリスのチェンバレン首
は宥和政策による解決を図り、戦争回避を優先したが、ドイツの侵略を阻止することはできなかった。
   1939年 ―― ドイツは、チェコスロバキアの解体を強行する。
 西半分を保護領に、東半分のスロバキアを保護国とし、戦争に協力させた。
 さらに、ドイツはポーランドへの侵略をねらった。 イギリスやフランスはこれを防ぐためソ連と結ぼうとしたが、
ソ連はドイツとの戦争を避けようと考えた。 
   1939年8月 ―― 独ソ不可侵条約が結ばれる。
   1939年9月 ―― 準備を整えたドイツは、ポーランドへの進撃を開始する。 
 イギリスとフランスはただちにドイツに宣戦布告し、ここに連合国と枢軸国との間で第二次世界大戦が始まっ
た。

 

【ドイツの進撃】

  ポーランドはドイツ軍に圧倒され、ソ連軍の侵
 入も受けて敗北した。 ポーランドは、ドイツとソ
 連両国によって分割された。
  ソ連は、1939年11月、フィンランドに宣戦した
 ( この戦争で、ソ連は国際連盟を除名される )。
 1940年3月、ソ連の勝利に終わり、フィンランド
 は国境線を150km後退させられた。 さらに、
 1940年8月、バルト3国を併合し、ソ連邦に加
 えた。 
  一方、西部戦線では、1940年4月、ドイツが
 デンマーク、ノルウェーに、5月になるとオラン
 ダ、ベルギーに侵攻した。
   1940年6月 ―― ドイツは、パリを戦闘なしで占領してフランスを降伏させる。
 フランスの北部はドイツに占領され、南部はペタン率いるヴィシー政府が置かれた。 ヴィシー政府はドイツに対
して協力する政府である。 ドゴールらはドイツへの降伏を拒否し、ロンドンに自由フランス政府を組織して抗戦を
呼びかけ、フランス国内にもやがて、レジスタンス( 対独抵抗運動 )が起こっていく。 
 こうして、イギリスをのぞく西ヨーロッパのほとんどがドイツの支配下に置かれた。 ドイツに占領されたヨーロッ
パでは、民衆のレジスタンスが続いた。 
 ドイツの優勢をみて、イタリアも1940年6月、ドイツ側について参戦した。

 

   1940年夏、ヨーロッパでドイツと戦い続けていたのは、イギリスただ一国
  となった。 8月、ドイツは、イギリスへの空襲を始める。 ロンドン市民は地下
 へ入り、地下鉄構内は避難場所になった。 熱気、悪臭、赤ん坊の鳴き声な
 どの騒音がひどかった。 
  チャーチル首相のイギリスは、レーダーでドイツの飛行機を待ち伏せし
 撃退する作戦をとった。  ドイツ空軍は1700機の航空機を失い、イギリス
 本土上陸をあきらめた。
                                         右写真→
                                   防空壕の中のロンドンの子どもたち 

 

   映画 『 ローマの休日 』 などで世界的に有名な女優であるオードリー・ヘップ
  バーン( 1929年〜1993年/左写真 )は、13歳の頃から大戦下のオラン
  ダでレジスタンス( ファシズムへの抵抗運動 )に参加して、母親と共に活躍し
  ていた。
   彼女は靴の中にレジスタンス組織へのメッセージを隠して届けたり、レジス
  タンスの資金集めのためにバレエを踊ったりしていた。

 

【独ソ戦】

 1941年4月、ドイツはイタリアを支援してバルカン半島に軍隊を派遣、ユーゴスラビアとギリシアを占領した。
 しかし、ドイツのバルカン半島進出は、バルカン半島に関心を持つソ連との関係を緊張させた。
   1941年4月 ―― ソ連は、ドイツに備えて日ソ中立宣言を結ぶ。
   1941年6月 ――― ドイツは不可侵条約をやぶって、ソ連に攻撃を開始する。( 独ソ戦の開始 )
 独ソ戦の開始は、ソ連をアメリカ・イギリスと接近させた。 イギリスはソ連と軍事協定を結び、アメリカも大量の
軍事物資をソ連に送った。
   1941年8月 ―― 大西洋上会談で、大西洋憲章がまとめられる。
     ( 内容 ) アメリカのルーズベルト大統領とイギリスのチャーチル首相によってまとめられた。 
           領土不拡大・軍備縮小・平和機構の再建など第2次世界大戦の戦後処理だけでなく、戦後世
         界の構想をも展望するものだった。 
 大西洋憲章に基づき、1942年1月、連合国共同宣言が発表され、戦争の目的をファシズムに対する民主主義
の戦いと位置づけた。
   1941年12月 ――― 日本の真珠湾攻撃があり、日本はアメリカ・イギリスに対して開戦する。
 こうして、ヨーロッパの戦争とアジアの戦争が結びついて世界戦争となった。

 

 日本が戦った太平洋戦争に関しては、   
  『 アジアは我々のものだ! ―― 第3章 真珠湾攻撃から敗戦まで 』
 のサイトに詳しい解説があります。

 

 

  ファシズムの敗北  

 

 短期戦に失敗したドイツは、戦争経済を支えるため、東・西ヨーロッパの占領地から工業資源や食料を奪い、
数百万人を超える外国人をドイツに連行して、強制労働につかせた。 支配地域では、ドイツ民族主義を強制し、
多数のユダヤ人やスラブ人をアウシュビッツなどの強制収容所で殺害した。
 ドイツの支配に対抗して、各地でレジスタンス武装抵抗運動( パルチザン )が組織された。

 

 1941年12月、日本に真珠湾を奇襲攻撃され太平洋戦争が始まると、アメリカは、ヨーロッパの戦いにも連合
国の一員として参加することになった。  アメリカがヨーロッパ戦線に加わると連合国の反撃が激しくなった。
   1942年 ―― スターリングラードの戦いが行われる( 独ソ戦 )。
 最初不利だったソ連軍は反撃に転じ、ドイツ軍を破った。 また、ソ連はイギリス・アメリカとの協調を深めるた
め、1943年5月にコミンテルンを解散した。

 

【イタリアの降伏】

   1942年11月 ―― アメリカ軍を中心とした連合軍は、北アフリカに上陸する。
 連合軍がイタリアまで迫ると、イタリア国内では、軍部やファシスト党内部からもムッソリーニに反対する動きが
起こり、1943年7月、ムッソリーニは解任されて、ファシスト党は解散した。 そして、連合国軍がイタリア本土に
上陸した。
   1943年9月 ―― イタリア新政府( バドリオ政府 )は、連合国に無条件降伏を申し出る( イタリア降伏 )。

 

【ノルマンディー上陸】

   1943年11月 ―― カイロ会談が行われる。
    ( 参加者 ) アメリカ ―― ルーズベルト大統領、 イギリス ―― チャーチル首相、 中国 ―― 蒋介石
    ( 結果 ) カイロ宣言を発表する。  内容は、対日戦後処理の方針を定めたもの。 満州・台湾などの 
        中国への返還、朝鮮の独立、無条件降伏要求などを決めた。 
   1943年11月 ―― テヘラン会談が行われる。
 カイロ会談に続いて行われた戦後処理をめぐる連合国首脳会談で、ルーズベルト大統領、チャーチル首相、
ソ連のスターリン首相が参加した。 この会議で、連合国軍の北フランス上陸作戦が協議された。

 

   1944年6月 ―― アメリカ・イギリスによるノルマンディー上陸作戦が行われる。
         8月 ―― パリが解放される。 ( → ドゴールは臨時政府を組織する )

 

  1944年8月のパリ解放で、4年間に及ん
 だドイツの占領は終った。
  ドイツ占領中、フランス市民の多くは表立
 ってナチスに抵抗することはなかった。 一
 部には露骨にドイツに協力をした者がいて、
 彼らは解放後、裁判や復讐に燃える隣人た
 ちによって断罪された。 約9000人が審理
 抜きで処刑され、700人が裁判を経て処刑
 された。
  ドイツ兵と交際していたフランス人女性は
 毛髪を刈り取られ、街中をひき回された。 
   左写真は、ドイツ兵の子どもを産んだため
   に辱しめを受けるフランス人女性である。

 

  1945年2月 ―― ヤルタ会談が開かれる。
    ( 出席国 ) アメリカ ―― ルーズベルト大統領
     イギリス ―― チャーチル首相  ソ連 ―― スターリン首相
    ( 内容 ) @ドイツは戦後、米英仏ソの4ヵ国による分割占領と
         すること、Aドイツの非武装化と戦犯の処罰、Bポーラ
         ンドの新政府樹立 ―― などを決めた。 また、秘密事
         項としてドイツ降伏後のソ連の対日参戦などがあった。
 こうして、ドイツは東からソ連、西からアメリカ・イギリス両軍の攻撃
を受けた。
  1945年4月末 ―― ヒトラーは自殺し、ベルリンは占領される。
  1945年5月 ―― ドイツは無条件降伏する。  ↑上写真  1945年4月25日 東西から
  ドイツ軍に攻撃をかけていたアメリカ軍とソ連軍
  がエルベ川で出会った。

 

  ヤルタ会談   ポツダム会談

 

   1945年7月 ―― ドイツ・ベルリン郊外で、ポツダム会談が開かれる。
   ( 出席国 ) アメリカ ―― トルーマン大統領  イギリス ―― チャーチル首相  ソ連 ―― スターリン首相
   ( 内容 )  ポツダム宣言が発表され、日本軍の無条件降伏や、降伏後の日本の処遇についての基本
         方針を明らかにした。 ポツダム宣言ははじめアメリカ・イギリス・中国の名前で発表され、後の
         8月8日にソ連もこの宣言に参加した。
   1945年8月 ―― 日本はポツダム宣言を受諾し、第2次世界大戦は終了する。( 日本降伏

 

 日本が戦った太平洋戦争に関しては、   
  『 アジアは我々のものだ! ―― 第3章 真珠湾攻撃から敗戦まで 』
 のサイトに詳しい解説があります。