共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

ご案内

トピックス一覧

トピックス詳細

トピックス一覧へ戻る

トピックス詳細

更新日:2017年01月28日(土)

行事 クラブ・生徒会 スケッチ その他

特別授業「学芸員とは? 宇宙とは?」

昨日の天文教室の際にお世話になった平塚市博物館の塚田健さんですが、実は授業もお願いしていました。
ちょっと遅くなってしまいましたが、中2と中3の生徒を対象に行われたその授業のご報告です。
特別授業は「学芸員とはどんな人か、宇宙はどんな世界か」をテーマとして行われ、進路指導の一環としてもたいへん価値のある内容でした。
博物館などで案内をしてくれる「学芸員」は、とても人気のある職業でもあります。
しかし、資料の収集や調査研究など、見えないところでいろいろたいへんなことも多いようです。
それでも、自分の好きなことを仕事としてやっていけるというのは、やはりとても魅力的なことと感じました。
それから、国立天文台が開発したソフトウェア“Mitaka”により、宇宙の姿をとても分かりやすく見させていただきました。

地球から宇宙の大規模構造までを自由に移動して見ることのできるもので、自分が宇宙空間を飛んでいるように感じます。
とても分かりやすく、興味を喚起する授業をありがとうございました。

 

ちなみに“Mitaka”はダウンロードして個人で楽しむこともできるようです。

興味のある方はこちらからどうぞ。