スマートフォン版サイトへ

2013年度から国際学部は「コース制」を廃止し、「専攻プログラム制」を導入します。

LINEで送る    
2012年6月29日

私たちは、この瞬間も、国際社会に生きているのです。

 現代世界のダイナミックな変化は、かって例をみないほどの速度で進み、専門知識も10年で賞味期限と言われます。また、現代社会が直面する課題は、ひとつの学問分野では解決されないものばかりです。そのような状況を踏まえて、国際人文・社会科学の融合と広がりのなかで、アクティブに体系的に学べる仕組み「専攻プログラム」の導入により、新たな学びの世界へご案内します。


バランスのとれた知識とスキル、しなやかな思考力と感性を、身につけましょう。

 最終的にどの専攻に到達しようとも、その基盤である表裏一体をなす社会と文化に対して、どれほど豊かな理解力・洞察力を持つことができるか―それが大切です。そのために「専攻プログラム」では、カリキュラム表に並ぶ多彩な科目から、主体的、計画的に選択することが求められ、その学びの過程で身につける深く考え、鋭く感じとる能力は、一生のキャリアに活かされるでしょう。


※画像をクリックすると拡大します。