スマートフォン版サイトへ

【家政学部 被服学科】「翔工房」において企画が採用されました。

LINEで送る    
2016年3月15日
家政学部被服学科2年生澤村果歩さんが公益財団法人一宮地場産業ファッションデザインセンター主催の「翔工房」において企画が採用され、総合展「THE尾州」にて展示、作品発表ファッションショーを行いました。「翔工房」とは、アパレル製品の開発に必要な企画力を醸成する目的で開始された事業です。テキスタイルのデザイン発想から、作品制作まで行います。一宮を中心とした企業の方の支援を受け、オリジナルテキスタイルを制作します。プレゼンテーションや施設、工場見学など貴重な経験もでき、多くのことを学ぶ機会となりました。

翔工房についてはこちら