共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

入試情報

2019年度の入試の変更点について

2019年度の入試の変更点について

一般入試(全学統一方式)で活用できる外部英語検定試験の基準点が変わります。

急速なグローバル化によって英語力が重要視される中、英語コミュニケーション能力を適切に評価していくため、2017年度より一般入試(全学統一方式)において、英語検定の活用をしています。

【活用する外部英語検定試験および得点の換算表】

みなし
得点
英検
(実用英語
技能検定)
GTEC
(3技能)
GTEC
(4技能)
GTEC
CBT
TOEFL
iBT
TOEIC
(4技能)
IELTS TEAP
(400点
満点)
TEAP
CBT
(800点
満点)
100点 準1級 810-730 1280-1190 1369-1160 94-72 1300-1095 6.5-5.5 399-334 795-600
80点 2級 720-570 1189-960 1159-880 71-42 1090-790 5.0-4.0 333-226 595-420

対象となる外部英語検定試験の基準を満たしている場合、一般入試(全学統一方式)の外国語(英語)の試験の得点とみなします。
本学独自の外国語(英語)の試験を受験した場合、高得点の点数で合否判定を行います。

*「GTEC for STUDENTS」は、「GTEC(3技能)」として活用可とする。
*「GTEC CBT」は本学導入時(2016年度入試)から得点の換算点が変更となったため、他の基準と合わせて変更する。
*「TOEIC」はこれまで2技能のみを対象としてきたが、他の検定試験と合わせて4技能を対象とする。

一般入試(3月日程)も統一方式に変更します!

一般入試(3月日程)も家政学部建築・デザイン学科を除いた学部・科で併願できるようになります。

※同一科目を選択した場合のみ、併願が可能です。
※家政学部食物栄養学科および看護学部を受験する場合は「化学」「生物」のいずれかを履修していることが出願条件になります。

大学

家政学部

  • 一般入試(3月日程)
    • 被服学科
    • 試験科目および併願条件の変更
    • 試験科目:
      「現代文」または「現代文・古文」から1科目選択および外国語(『コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅰ』)の2科目受験
    • 家政学部食物栄養学科、家政学部児童学科、文芸学部、国際学部、看護学部、生活科学科、文科と併願可。ただし、文芸学部は「現代文・古文」を選択した場合のみ。
    • 家政学部食物栄養学科、看護学部を併願する場合、「化学」「生物」のいずれかを履修していることが出願条件。
    • 食物栄養学科
    • 食物栄養学科も募集を開始
    • 試験科目:
      「現代文」または「現代文・古文」から1科目選択および外国語(『コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅰ』)の2科目受験
    • 家政学部被服学科、家政学部児童学科、文芸学部、国際学部、看護学部、生活科学科、文科と併願可。ただし、文芸学部は「現代文・古文」を選択した場合のみ。
    • 出願条件:
      「化学」「生物」のいずれかを履修していること。
    • 児童学科
    • 併願の対象の変更
    • 家政学部被服学科、家政学部食物栄養学科、文芸学部、国際学部、看護学部、生活科学科、文科と併願可。ただし、文芸学部は「現代文・古文」を選択した場合のみ。
    • 家政学部食物栄養学科、看護学部を併願する場合、「化学」「生物」のいずれかを履修していることが出願条件。
  • 募集人員の変更
    •  一般入試(2月日程)104名→100名(4名減)
    •  一般入試(3月日程)8名→12名(4名増)

文芸学部

  • 一般入試(3月日程)
    • 併願の対象の変更
    • 家政学部被服学科、家政学部食物栄養学科、家政学部児童学科、国際学部、看護学部、生活科学科、文科と併願可。
    • 家政学部食物栄養学科、看護学部を併願する場合、「化学」「生物」のいずれかを履修していることが出願条件。

国際学部

  • 一般入試(3月日程)
    • 試験科目および併願条件の変更
    • 試験科目:
      「現代文」または「現代文・古文」から1科目選択および外国語(『コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅰ』)の2科目受験
    • 家政学部被服学科、家政学部食物栄養学科、家政学部児童学科、文芸学部、看護学部、生活科学科、文科と併願可。ただし、文芸学部は「現代文・古文」を選択した場合のみ。
    • 家政学部食物栄養学科、看護学部を併願する場合、「化学」「生物」のいずれかを履修していることが出願条件。
  • AO入試(面接・プレゼン・小論文方式)
    • 試験科目および併願条件の変更
    • AO入試(面接・プレゼン・小論文方式)の実施
    • 試験科目
    •  1次選考:書類審査(調査書、活動報告書、共通課題論文)
    •  2次選考:面接・プレゼン、小論文
  • 公募制推薦入試
    • 公募制推薦入試の廃止
  • 募集人員の変更
    • AO入試(面接・プレゼン・小論文方式) 20名(新設)

看護学部

  • 一般入試(3月日程)
    • 一般入試(3月日程)の実施
    • 試験科目:
      「現代文」または「現代文・古文」から1科目選択および外国語(『コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅰ』)の2科目受験
    • 家政学部被服学科、家政学部食物栄養学科、家政学部児童学科、文芸学部、国際学部、生活科学科、文科と併願可。ただし、文芸学部は「現代文・古文」を選択した場合のみ。
    • 出願条件:
      「化学」「生物」のいずれかを履修していること。
  • 募集人員の変更
    • 一般入試(全学統一方式) 25名→35名(10名増)
    • 一般入試(2月日程) 35名→25名(10名減)
    • 一般入試(3月日程) 3名(新設)

短期大学

生活科学科

  • 一般入試(3月日程)
    • 併願の対象の変更
    • 家政学部被服学科、家政学部食物栄養学科、家政学部児童学科、文芸学部、国際学部、看護学部、文科と併願可。ただし、文芸学部は「現代文・古文」を選択した場合のみ。
    • 家政学部食物栄養学科、看護学部を併願する場合、「化学」「生物」のいずれかを履修していることが出願条件。
  • AO入試(10月日程)
    • AO入試(10月日程)の廃止
  • 募集人員の変更
    • 一般入試(全学統一方式) 15名→10名(5名減)
    • 一般入試(3月日程) 3名→2名(1名減)
    • 大学入試センター試験利用選抜(2月日程) 5名→3名(2名減)
    • AO入試自己PR方式 40名→45名(5名増)

文科

  • 一般入試(3月日程)
    • 併願の対象の変更
    • 家政学部被服学科、家政学部食物栄養学科、家政学部児童学科、文芸学部、国際学部、看護学部、生活科学科と併願可。ただし、文芸学部は「現代文・古文」を選択した場合のみ。
    • 家政学部食物栄養学科、看護学部を併願する場合、「化学」「生物」のいずれかを履修していることが出願条件。
  • AO入試(10月日程)
    • AO入試(10月日程)の廃止
  • 募集人員の変更
    • 一般入試(2月日程) 15名→12名(3名減)