スマートフォン版サイトへ
  1. 大学・短大TOP
  2. 家政学部
  3. 食物栄養学科/食物学専攻

食物栄養学科/食物学専攻

実践的な力を持つ食の専門家へ

食物に関する幅広い知識と実践能力を養うことを目的とする食物栄養学科食物学専攻では、現代の多様な食生活のなかで、その改善と向上に寄与できる人材を育てています。マスコミによる断片的な情報は多すぎるほどありますが、私たちが食物に関して本当に知っていることは、実は驚くほど少ないといえます。実際に学生に尋ねると、「『食』とは生きていくために欠かすことのできない身近な存在なのに、食物栄養学科に入ってそれまでの知識がいかに少なかったかわかった」「食、そして食と健康に関しての考え方が大きく変わった」という声をよく聞きます。BSEや鳥インフルエンザ、放射能汚染など、今、食に関する安全性も大きく揺らぎはじめています。今後、食生活の改善と向上に役立つ正しい知識はきわめて重要なものとなるでしょう。本専攻では、食品学や栄養学、調理学など自然科学分野を中心に学びながら、実験・実習を通して、その理論や技術を実践的に活用できる力の修得をめざしています。また、現代の食文化や食料経済など、実際の社会の動向を確認できる授業も設けています。そうした過程のなかで、みなさんはさまざまな「発見」を重ね、学問としてだけの食物学ではなく、「食の専門家」として実際のフードビジネスにおいても活躍できる能力を身につけていくことになるのです。

食物栄養学科では、毎年入学時に4年間の学生生活全般にわたっての認識と理解を深め、また、親睦を深めることを目的に、河口湖寮でフレッシュマンキャンプを行っています。

食物学専攻の「学び」

現代の多様な食生活のなかにあって、健康な社会生活をめざし、食生活の改善と向上に役立つ、栄養の素材としての食物に関する幅広い知識とその実践的能力を養うことを目的としています。

食物学専攻の「学び」

授業科目

卒業論文

食品衛生学実験

伝統食品・調理論実習

食品学

学生メッセージ

先進的な栄養学を学べました
R.R.さん 3年
私の学び
日本の進んだ栄養学を学ぶために共立に進学しました。栄養学を体系的に学び、日本人が健康で長寿な理由がよくわかりました。「食品学実験」や「栄養学実験」などでは科学的な実験手法を身につけることができました。
これからの私
これからは実験的手法を用いたストレスに関する研究を進めたいと思っています。卒業後は日本で食品会社や食品を扱う商社に勤め、母国語を活かしながら日中を結ぶ役割を果たしたいです。
学びの基本を身につけた「基礎化学実験」
W.K.さん 3年
私の学び
もっとも印象に残っている授業は「基礎化学実験」です。仮説を実験で確かめ、結果をもとに考察を深め、新たな疑問を見つけていく。ここで身につけた方法が私の学びの基本になりました。
これからの私
栄養学研究室のゼミで抗酸化ストレスについて研究します。また家政学部は被服や建築も学べるので、これからもできるだけ多くの分野の授業を履修し、視野を広げたいと考えています。
発酵学のおもしろさを実感しました
O.T.さん 4年(敷島製パン)
私の学び
2年後期に「微生物学」を受講したことをきっかけに発酵学に興味を持ちました。自分でも独自に勉強して、自宅でパンや果実酒、キムチづくりなどにも挑戦し、発酵食品のおもしろさを実感しました。
これからの私
卒論は国立医薬品食品衛生研究所に通い、ウェルシュ菌による食中毒について研究しました。卒業後は製パンメーカーの生産職として働きます。いつか自分が開発した菓子パンを世に送り出します。
調理学実習で世界の食文化に触れました
S.A.さん 4年 (三菱東京UFJ銀行)
私の学び
食にこだわりがある父の影響で子どもの頃から食事の大切さと魅力を肌で感じていました。「調理学実習」ではさまざまな種類の料理をつくり、世界の食文化の豊かさを再確認しました。
これからの私
卒業論文ではランニングの心拍数と呼気を測り、過去に運動歴がある人とそうでない人に違いがあるかどうかを調査しました。卒業後は希望していた金融業界で働きます。