スマートフォン版サイトへ
  1. 大学・短大TOP
  2. 家政学部
  3. 食物栄養学科/食物学専攻

食物栄養学科/食物学専攻

実践的な力を持つ食の専門家へ

食物に関する幅広い知識と実践能力を養うことを目的とする食物栄養学科食物学専攻では、現代の多様な食生活のなかで、その改善と向上に寄与できる人材を育てています。マスコミによる断片的な情報は多すぎるほどありますが、私たちが食物に関して本当に知っていることは、実は驚くほど少ないといえます。実際に学生に尋ねると、「『食』とは生きていくために欠かすことのできない身近な存在なのに、食物栄養学科に入ってそれまでの知識がいかに少なかったかわかった」「食、そして食と健康に関しての考え方が大きく変わった」という声をよく聞きます。BSEや鳥インフルエンザ、放射能汚染など、今、食に関する安全性も大きく揺らぎはじめています。今後、食生活の改善と向上に役立つ正しい知識はきわめて重要なものとなるでしょう。本専攻では、食品学や栄養学、調理学など自然科学分野を中心に学びながら、実験・実習を通して、その理論や技術を実践的に活用できる力の修得をめざしています。また、現代の食文化や食料経済など、実際の社会の動向を確認できる授業も設けています。そうした過程のなかで、みなさんはさまざまな「発見」を重ね、学問としてだけの食物学ではなく、「食の専門家」として実際のフードビジネスにおいても活躍できる能力を身につけていくことになるのです。

伝統食品・調理論実習

調理学実験

食物学専攻の「学び」

現代の多様な食生活のなかにあって、健康な社会生活をめざし、食生活の改善と向上に役立つ、栄養の素材としての食物に関する幅広い知識とその実践的能力を養うことを目的としています。

食物学専攻の「学び」

授業科目

卒業論文

食品衛生学実験

伝統食品・調理論実習

食品学

学生メッセージ

「食」を通じた仲間たちと様々な発見を
N.A.さん 4年

授業の中では、調理学実習が好きでした。切り方ひとつ、味付けひとつに様々な発見がありました。食という共通の興味を持った人が集まるので、気の合う友だちが増えたことも良かったです。食品会社の営業に就職が決まったので、食を通して、たくさんの人と関わっていきたいです。

食物が人に与える影響について研究しました
H.M.さん 4年

高校の頃から生物が好きで、人の体の働きについて興味がありました。大学では、食物が人に与える影響について研究しています。東京大学との共同研究も行いました。食品関連の技能職に採用が決まり、まわりの人に頼られる、その道のエキスパートになることがいまの目標です。

卒業生の声

食について広く学べたことが役立っています
N.M.さん 2012年3月卒(株式会社はくばく) 

「食事を作る」という当たり前なことをなくしたくないと思い、食品メーカーに入社しました。いまは営業本部で、商品の良さをより多くの皆さまに知っていただけるよう、日々、奮闘しています。年に1度の共立の授業でも、弊社の大麦を使ったレシピ開発をお願いしていますが、これも私が考えた企画です。卒業後も母校との繋がりが持てるのは、在学中に良い関係を築いてくださった先生方のおかげです。

在学中は伝統食について学び、家庭科の教員免許も取得しました。また食品の栄養だけでなく、料理のセッティングやマナーなど、食について広く勉強できたことがいまに役立っています。簡便化が進み調理を敬遠しがちですが、共立での学びをいかし、簡単かつ栄養のある食事を作ることの大切さを伝えていければと思います。

卒業後の進路

食物学専攻の主な就職先・進学先(平成25年度)

就職先

  • Meiji Seika ファルマ(株)
  • キユーピー(株)
  • キリンビバレッジ(株)
  • ユーシーシーフーヅ(株)
  • コスモ工機(株)
  • (株)ベニレイ (丸紅グループ)
  • (株)JALナビア
  • 千葉県九十九里町(事務)

進学先

  • 共立女子大学大学院家政学研究科食物学専攻