スマートフォン版サイトへ
  1. 大学・短大TOP
  2. 大学院・学部・学科
  3. 家政学部
  4. 食物栄養学科/食物学専攻

食物栄養学科/食物学専攻

実践的な力を持つ食の専門家へ

食物に関する幅広い知識と実践能力を養うことを目的とする食物栄養学科食物学専攻では、現代の多様な食生活のなかで、その改善と向上に寄与できる人材を育てています。マスコミによる断片的な情報は多すぎるほどありますが、私たちが食物に関して本当に知っていることは、実は驚くほど少ないといえます。実際に学生に尋ねると、「『食』とは生きていくために欠かすことのできない身近な存在なのに、食物栄養学科に入ってそれまでの知識がいかに少なかったかわかった」「食、そして食と健康に関しての考え方が大きく変わった」という声をよく聞きます。BSEや鳥インフルエンザ、放射能汚染など、今、食に関する安全性も大きく揺らぎはじめています。今後、食生活の改善と向上に役立つ正しい知識はきわめて重要なものとなるでしょう。本専攻では、食品学や栄養学、調理学など自然科学分野を中心に学びながら、実験・実習を通して、その理論や技術を実践的に活用できる力の修得をめざしています。また、現代の食文化や食料経済など、実際の社会の動向を確認できる授業も設けています。そうした過程のなかで、みなさんはさまざまな「発見」を重ね、学問としてだけの食物学ではなく、「食の専門家」として実際のフードビジネスにおいても活躍できる能力を身につけていくことになるのです。

応用食品学実験

生物学実験

食物学専攻の「学び」

現代の多様な食生活のなかにあって、健康な社会生活をめざし、食生活の改善と向上に役立つ、栄養の素材としての食物に関する幅広い知識とその実践的能力を養うことを目的としています。

食物学専攻の「学び」

授業科目

卒業論文

食品衛生学実験

調理学実験

食品学

学生メッセージ

フードスペシャリストの資格取得が自信につながりました
K.U.さん 4年

フードスペシャリストの資格を取得する過程で、流通や栄養学、調理学など、授業で学んだ“食”にまつわる様々な知識を、自分のものにできたという実感があります。卒業後は、食品関係の仕事に就くことも決まりました。今後の目標は、子どもたちへの食育です。心の豊かさにつながる食の大切さを、子どもたちに伝えていきたいです。

食を通じて出会った仲間と共に学んだ知識を活かして
A.I.さん 4年

食べることが好きで興味を持った食物学ですが、実際に学んでみると奥が深いものでした。授業の中では調理学実習が好きで、栄養のバランスを考えて料理するようになりましたね。食という共通の趣味を持つ仲間が増えたのも良かったです。卒業後は、製薬会社が運営する薬膳カフェに携わることになります。学んだ知識を活かして頑張ります。

卒業生の声

大学時代の知識をベースに商品開発を
H.M.さん 2014年3月卒(食品メーカー)

飲料メーカーで商品開発に携わっています。マーケティング部の方とチームを組み、商品のコンセプトに基づいた味作りを担当しています。学生時代に食物が人に与える影響について研究していたこともあり、機能性飲料に関わりたいと希望を出したところ、入社1年目から商品開発を任せていただくことができました。免疫機能を高める乳酸菌の入った飲料を担当したのですが、その過程では共立で学んだ基礎知識が役に立ちました。商品化され店頭に並んでいるのを見た時は、本当にうれしくて、たくさん購入してしまいました。

商品開発の仕事は経験値が重要になります。様々な経験を積み、これからも、皆さまに喜んでいただける商品を、たくさん開発していきたいです。

卒業後の進路

食物学専攻の主な就職先

就職先(2014年度)

  • (株)ヤクルト
  • エスフーズ(株)
  • (株)極洋
  • (株)中島董商店
  • 東海澱粉(株)
  • (株)ポッカクリエイト
  • (株)柿安本店
  • みたけ食品工業(株)
  • (株)三菱東京UFJ銀行
  • (株)みずほ銀行
  • MS&AD事務サービス(株)
  • 静岡ガス(株)