共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[食物栄養学科] 家政学部[食物栄養学科]

HOME

学部・短大・大学院

家政学部

食物栄養学科

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

 家政学部食物栄養学科の人材養成目的は、管理栄養士専攻においては管理栄養士養成施設指定基準を遵守したうえで、食物学専攻・管理栄養士専攻ともに家政学部の人材養成目的に基づき、「本学科で学ぶ全ての学生に対して社会に通用する広い教養を十分に涵養せしめたうえで、現代の多様な食生活の中にあっても多くの人々がより一層の健康な社会生活が営めることをめざし、食の安全性はもとより、栄養の素材としての食物、並びに食物と健康に関する幅広い知識とその実践的能力を身につけた女性を育成する」ことである。

食物栄養学科:人材養成目的

3つのポリシー

ディプロマポリシー

  • 食物と栄養に関する基礎的な知識を有し、実生活や社会において食品の調理・加工・保蔵、健康の増進、疾病の予防・治療などへ活用する方法について理解している。(知識・理解)
  • 人間の生活に関する問題を発見し、食物と栄養の観点から、情報を効果的に収集・分析し、適正に判断、活用し、解決に導くことができる。(技能)
  • 「食と健康」の専門的リーダーとして、高い責任感・倫理観を持ち、「食と健康」に関する正しい概念を用いて、適切な判断に基づいて他者と協力しながら提案を行い、人々の生活の向上と福祉に貢献することができる。(思考・判断・表現)
  • 修得した知識・理論・技術を実践的に活用し、食物・栄養と健康に関する課題を探求しその課題に対して食と健康の専門的リーダーとして幅広い視野から総合的な判断を下し、解決に導くことができる。(関心・意欲・態度)

カリキュラムポリシー

食物栄養学科では、食物学専攻、管理栄養士専攻それぞれにおいて体系的に専門科目を配置し、専門分野の知識を効率的に学べるように編成している。また、実験・実習科目を多く配置し、実践的な力を身につけることができるようにする。

アドミッションポリシー

  • 入学後の学びに必要な基礎学力としての知識を有しているとともに、考えを適確に表現できる語学力を身につけている。また、食物と栄養について学ぶために必要な高等学校卒業相当の知識を有している。(知識・理解)
  • 入学後、食物栄養学科で修学するために必要な高等学校で身につけるべき基礎技能を有している。(技能)
  • 食物栄養学科で学ぶにあたり、自分の考えを表現し、他者に伝えることができる。また、他者の考えを理解し、物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考・判断・表現)
  • 食物と人の健康に関わる諸問題に深い関心があり、主体・積極的に発言し、社会に貢献する意欲がある。(関心・意欲・態度)