">

共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

看護学部

Faculty of Nursing

HOME

学部・短大・大学院

看護学部

先輩の声(学生インタビュー)

先輩の声(学生インタビュー)

“学ぶこと体験することを大事にしたい”

中高と陸上部だったことから、陸上と歯に深い関係があることを知り、歯学に興味を持ち始めました。将来は歯科病棟の看護師か研究者、あるいは看護を勉強した後に養護教諭の資格を取り、母校の共立女子第二中高に戻ることなどを視野に入れています。授業では、生理学や生化学などの科目が特に面白いですね。看護師になったとしても受け身でなく探求し続けたいと思っているので、いまもすべての科目を丁寧に勉強しています。学ぶこと、体験することの一つひとつを大事にしたいです。

“一人ひとりに合う学びを”

母の身体が弱かったこともあり、何かしてあげたいという想いから、幼稚園の頃から看護師になりたいと決めていました。看護学部での学びの魅力は、答えがひとつではないことです。色々な人が意見を出し合い、結論をひとつに決めずにそれぞれの意見を尊重する。そこが、高校までの学びと違い、新鮮で面白いところです。看護学そのものが、一人の人のためのものという前提があるのと同じように、先生方が全体に向けて教えるのではなく、一人ひとりに合う解決法を導き出してくれるのは、とてもありがたいことです。

“先生方のような看護師になりたい”

もともと人体の仕組みに興味があり、看護学部を選びました。学部の友だちはみんな、将来看護師になる夢があり、とても意識が高く、刺激を受けながら学んでいます。グループワークで取り組む授業もあり、それぞれ意見を出し合いながら、みんなで一歩ずつ夢に近づいている実感があります。先生方の講義や演習を受けると「先生方のような看護師になりたい」と思えるのは、学ぶ環境としてとても恵まれていると思います。しっかり学び、患者さんのことを考えられる看護師になりたいです。

“もっと勉強して憧れの看護師に”

中学生の頃、悩みを誰にも話せない時期があり、抱え込みすぎた結果、貧血で倒れてしまったことがありました。その時担当だった看護師がとてもやさしかったんです。そんな経験からめざそうと思った看護師。学んでいる中で、自分が看護師になれるんだということを実感できます。三井記念病院での実習では、テキパキ働く看護師の姿を目の当たりにして、もっともっと勉強しなければと、改めて思いました。また、英語の授業は学部関係なく受講するため、他の学部の人との交流も生まれます。それは、総合大学ならではですね。