共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

看護学部

Faculty of Nursing

学びの特色

01現代の医療に対応する
最新の充実したカリキュラムがある

 看護学を学習する上で基礎から、将来の看護実践のための専門性を発展させることをめざした研究まで、体系的に学ぶことができます。講義や実習は、現代の医療の進歩と国際化を踏まえた最新のカリキュラムです。3年次から始まる臨地実習の前と4年次の実習終了後に「総合技術演習(OSCE)」を配置し、シミュレーターを用いた演習、模擬患者による実技テスト(OSCE:客観的臨床能力試験)などの最新の教育システムを導入しました。また、卒業後の進路や研究の方向性を視野に入れた、選択制の専門展開科目を25科目も準備しました。これにより看護学教育に特化した効果的で魅力あふれる教育が可能となります。

02日本の最先端医療にふれることができる
都心の中心に位置している

 実習は三井記念病院をはじめとする、クオリティの高い医療機関、高齢者在宅サービスセンター、訪問看護ステーション、地域包括支援センターなどで行います。多数の実習病院や施設を経験することは、看護の多様性の理解のみならず、多くの指導者に接し、就職に関する示唆を得ることもでき、100%の就職率をより中身の濃いものにします。都心にあるキャンパスだからこそ、実習先への移動もスムーズに行え、国際化する先進の技術を身近に体験できます。

実習協力医療機関

  • 三井記念病院
  • 関東中央病院
  • 東京臨海病院
  • 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 他、都内有名病院
  • 都内特別養護老人ホーム
  • 訪問看護ステーション
  • 都内地域包括支援センター
  • 都内高齢者在宅サービスセンター

※2015年度参考

03総合大学の中にある、ひとつの学部である

 本学で実施している全学共通の教養教育から豊富な教養教育科目を履修し、大学生活・技術や、幅広く深い教養・総合的な判断力・豊かな人間性を養います。これも、総合女子大学をベースにした看護学部のメリットであり、人と人が関わりあう看護に携わるうえで大切な、思いやりのある人格形成をめざします。