共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

総合案内

人権侵害の防止

人権侵害の防止

キャンパスハラスメントについて

キャンパスハラスメントとは、一般的にキャンパスに起こり得るあらゆる形態のハラスメント問題、キャンパス内の構成員の人権全般に関わる問題を指します。ここには、セクシュアルハラスメントやアカデミックハラスメントのほか、コンパ等で飲酒を強要するアルコールハラスメントや一方的な思い込みによるストーカー行為等、キャンパスライフにおける広い意味での人権や人格に関わる嫌がらせも含みます。

本学では、これらの“相手を不愉快にし、人権を侵害する”ハラスメントを決して許しません。同じキャンパスで、共に心地よく学びあうことができるよう、日頃から相手を思いやる気持ちを大切にしましょう。

セクシュアルハラスメント

同性・異性間を問わず、また行為者の意図にかかわらず、相手の意に反して行われる性的発言・行動のことです。本学園では、勉学・教育・研究・労働などの場における次のような行為はすべてセクシュアルハラスメントとしてみなされます。

  • 「単位をあげる」「推薦してあげる」と言って性的な要求をする
  • 講義中に卑猥な発言をしたり身体に触ったりする。
  • 異性関係についての噂を流す。
  • デートを断ったら意地悪をされた。
  • コンパ等で隣に座ることやお酌などを強要する。
  • ポルノ・性的漫画・パソコンのヌード画像等をわざと見せる。
  • しつこい視線を身体に向ける。
  • 「かわいい」「太っている」「女の子」「おばさん」などといった発言をする。

アカデミックハラスメント

就学の場で「指導」「教育」「研究」の名を借りて、嫌がらせや差別をしたり、人格を傷つけることです。

  • 相手によって差別したり、必要以上に厳しく指導したりする。
  • 「君たちのような学生は教えても意味がない」と全てを否定する言い方をする。
  • 指導の際に「大学をやめろ」とか「卒業させない」などと言う。
  • 女性に対して差別的な言動や処遇をしたり、指導を放棄したりする。

みなさんの近くにハラスメントを受けて悩んでいる友人がいたら、どうぞ相談にのってあげてください。もしも自分たちだけでは解決できない状況であるならば、学生相談室や、大学・短期大学人権委員会の「窓口委員」となる教員に相談してください。学部・科を問わず相談することが可能です。窓口委員のメンバーについては、学内で配付しているリーフレットや学内の掲示板等でお知らせしています。(相談の際は事前にアポイントメントをとるとよいでしょう。個人の秘密は厳守します。)

問合先:学生課 TEL 03-3237-2445 学生相談室 TEL 03-3237-5646 (呼出音が鳴るまで時間がかかる場合があります)