共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

総合案内

FD活動について

FD活動について

ご挨拶

本学のFDの概要について

FDの目的

授業の内容及び方法の改善を図るための組織的な取組を行う。

FD活動の方策

教育方法の改善を目指して、FD の企画・実施・評価を担うFD 委員会を中心に、教育改善に繋がる具体的な方策を以下のとおり実施する。

  • 全教員が大学・短期大学全体の理念や教育上の目的について共通認識を持つとともに、FDに取り組む必要性や重要性に関する意識の涵養を図ることを目的とした、専任教員及び非常勤教員に対する研修を実施する。
  • 新人教員や実務家教員など、大学・短期大学での勤務が未経験の教員に対して、大学・短期大学における教育制度の基本的な枠組みを理解させるための研修を実施する。
  • シラバスの内容を充実するため、シラバスの記載項目や記載内容、記載方法などに関する一定の規則の整備と、専任教員および非常勤教員に対する説明会を実施することに併せて教員に対して個別に記載方法等について指導や助言を行う。
  • 学生の学習時間の実態を把握する。また、授業アンケートを充実させ、アンケート結果について、授業内容や方法の改善に活用する取り組みを組織的に行う。
  • 他の教員の授業を参観して、自らの授業の内容および方法の改善に役立てるための教員相互の授業参観制度の充実方策について検討するとともに、授業技術や教材開発などに関する定期的な研究成果発表会を開催する。

委員会規程・構成

全学的なFD活動について

平成29年度授業見学会

平成29年6月19日(月)~6月24日(土)実施

授業見学の目的

  • ファカルティ・ディベロップメントの推進を図る。
  • 特に、ファカルティ・ディベロップメントの推進という観点から、学内におけるアクティブラーニングの授業を共有化し、学生の能動的な学修への授業の転換を助けるものとする。
  • 本学のステークホルダーへのサービスの一環として、在学生の父母、地域の企業関係者に授業を見学してもらうことにより、本学の教育に対して理解を深めてもらう。

内容

  • 1週間程度の見学ウィークを設定し、その期間中、自由に通常授業を参観できるものとする。

見学者

  • 本学教職員(非常勤含む)
  • 大学、短大在学生の父母
  • 本学の卒業生
  • 企業関係者・地方自治体・文科省等

見学対象

  • 原則、大学・短期大学で開講されている全科目

広報

  • 全保証人に案内書の郵送を行う。
  • 学生・教職員へはkyonetを使用し案内を行う。

FD・SD研修会 秋セミナー

(第1回) 平成29年11月9日(木) テーマ「中高のグローバル教育とICTの活用事例」
(第2回) 平成29年11月11日(土) テーマ「教える人のための教える技術」
(第3回) 平成29年11月30日(木) テーマ「ルーブリックを活用した学修成果の可視化」

本学FD委員会では、平成29年度、「学生生徒の学修(習)意欲は高まるか?~学修意欲を高める授業の工夫~」を共通コンセプトとし、「教える人のための教える技術」「語学教育はICTの活用でどう変わったか」「授業評価の高い授業とは」の3つをテーマに揚げて研修会を実施いたしました。参加者は合計178名でした。

その他

  1. 学外FD研修会・フォーラム等への教職員派遣を随時行っています。
  2. 文芸学部:「私の授業を振り返って」を作成しました。

授業アンケートの実施

本学では、授業改善を目的に学生による「授業アンケート」を実施しています。
平成29年度は平成29年7月3日(月)~7月22日(土)の期間で前期授業のアンケートをweb(kyonet)を使って実施しました。

過年度実施状況